巨樹たち

徳島県つるぎ町「白山神社のモミ」

徳島最大のモミに野生を見る

 つるぎ町一宇の尾根に位置する「赤羽根大師の大エノキ」から300メートルほど下ると脇道に入る階段があり、別の巨樹へアプローチできるらしい看板があります。
 車で登ってくる時にもこれを見かけ、寄らない手はないと決めたのですが、駐車スペースがないので、徒歩で向かいます。
 徳島県最大、全国でも第6位の大きさを誇るというモミの巨樹がそこにあるという。
 徳島県つるぎ町の「白山神社のモミ」です。

 上り口こそ石段でしたが、舗装はそこだけで、薄暗い杉林の中を進むようになります。
 幸い、さほど長い距離を歩かずに白山神社にたどり着きます。

 鳥居と名が入った額はあるものの、建物は神社らしからぬ感じ。
 サッシから薄暗い内部を覗いてみると、奥に戸棚のように閉まった部分があったように思います。
 おそらく祭礼時以外は神社機能は仕舞われていて、板の間のスペースを集会所のように使っているのだと想像します。
 いや……「使われていた」が正しいのか? よそ者にはなかなか判別が難しいラインでした。
 陶器やビンなどの破片など、かつてそこにあった人の活動の痕跡が周囲に散乱し、朽ちるに任せているような印象もありました。

 モミの樹は神社の裏手数十メートルといったところにあり、薄暗い林の中で、いきなりヌッと太い幹を現します。
 周囲の木々と調和せず、明らかに異質な存在感を放っている……。

 幹はかなり傾いていました。
 林の中での日射が偏っているのだと思われ、片面だけに濃く苔がむしています。
 そんな中でも、同じ太さのまま、とにかくまっすぐに成長しているモミの巨樹らしいスタイルは健在。

 「途中で葉をつけたとしても意味はない」と割り切ったようで、はるか上空までまったく枝がありません。
 この生育環境ゆえか、成長途中で落雷などを受けたことがあるのか、綺麗なクリスマスツリー型にはならず、枝の生え方には屈折した感じを受けますが、そこがまた野性味を感じさせて迫力があります。
 38メートルという樹高データが出ていますが、おそらく鉛直上の「高さ」ではないと思います。
 幹の「長さ」が38メートルあるという方が近いと思って見ていました。

 傾いてはいるものの、幹は堂々としています。
 不朽や空洞も見えないし、乾燥している側はモミ特有のゴツゴツした質感を見せつけてくれ、このパターンが美しいとさえ思えます。

 周囲には他にもトチのような樹種がポツポツとありましたが、それらは朽ちて菌類に蝕まれ、崩壊したりしていて、決して安穏な環境ではないと物語っているようでした。 
 そういう陰気を感じる林の中だからこそ、このモミの樹皮の質感だけが際立って健全に目に映ったのかもしれません。
(後でつるぎ町の資料を見てみると、すぐそばに大きなアカガシがあったようですが、ひょっとして我々が見た崩壊した朽木がそれだったのでしょうか……)

 スタイルそのままに巨大化するせいで、写真に撮っても大きさが伝わりにくいことで有名なモミの巨樹(我々の中で)。
 これまでも全国第1位「追手神社のモミ(兵庫県)」、暫定第5位「雷電神社のモミ(福島県)」などを見ましたが、いずれも同じ感覚に戸惑っています。

 このモミも……やはり同様ですね。
 実物を肉眼で見た感じでは圧倒されるほど大きいのに、写真に撮ってしまうと、「どれだけ」というのが失われてしまいます。
 いやいや、もはやここまでくると、この「伝わらなさ」こそが正しく巨大なモミを見た実感なのだと思ってしまいます。

 解説文。
 薄暗い中で一枚だけ撮ったら、ブレてました。すみません。
 枝張りについては、データほど広くないように感じました。
 徳島県最大、全国第6位のモミということですが、6.3メートルという幹周はモミとしてはかなりのもののはず。

 幹が分岐しているものを例外とすれば、6メートル台にほとんどの上位ランカーが固まっている印象です。
 巨樹の魅力は単に数値やランキングで語れるものではなく、雰囲気やその樹の持つ物語にこそあるものだと思っていますが、モミについてはなおさらその感が強いと言えます。

 周囲にモミが見当たらないところから、かつて人の手によって植えられたものかもしれません。
 この秘境の里から人が去りつつある今、まだ残りある樹齢に野生を取り戻しつつある……そんな風にも見えるモミでした。

「白山神社のモミ」
 徳島県つるぎ町一宇 白山神社
 推定樹齢:不明
 樹種:モミ
 樹高:38メートル
 幹周:6.3メートル

 県指定天然記念物
 訪問:2019.5

 探訪メモ:
 駐車スペースがないので、転回に気をつけながら道が広くなった場所に置かせてもらうのが良いでしょう。
 森が暗く、ひとりで探訪する場合、少々コワいかもしれません。

 余談:
 赤羽根大師からのアクセスは問題ない……とはいえ、県外者からするとここまで来ること自体至難の技。
 ぜひセットで訪ねておくことをおすすめします。どちらも記憶に残る巨樹です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です