巨樹たち

高知県大豊町「六社聖神社の大杉」

天空集落の御神木

 大豊町・「杉の大杉」から数キロ北上、悪名高い国道439号をちょっとだけ走り、急斜面に手荒に糊付けしたような細道を登っていきます。アワアワしながら、このあたりなのだけど……と、見回すも、入り口が見つからない。
 道が狭くなりすぎて車が回せない恐れが出てきたところで、住人の方に訊くことができ、ようやく位置を断定しました。

 このように、細部が印象に残っている杉ですが、その反面、探訪記を書く時名前を思い出すのに苦労しました。「六社聖神社の大杉」です。

 どう見ても、一般のお宅の門構えのようなところを入っていき、芝生がきれいなお庭のようなところを歩いて行った先に神社がある。
 「六社聖神社」とは、ろくしゃひじり、とも、ろくしゃせい、とも読む説があるらしく、しかし六つの何が関係しているのか? などの詳細はまったくわかりませんでした。
 検索してみたところ、「六社神社」なる神社は日本各地にあり、

 「その国の一宮から六宮までの祭神を勧請して総社としたことによるものである。このことから、歴史学者吉田東伍は、「六所」とは「六か所」という意味だけではなく、管内の神社を登録・管理し統括する「録所」の意味でもあるとしている。」

 とのことで、もしかすると、六社聖神社も、元はこの辺りの「録所」にあたる立場の神社だったのかもしれません。

 「聖」は、ひじりと読めば仏教用語ですが、「聖神」という年神が古事記には出てくるそうで、この関係もあるのかもしれません。
 いずれにせよ、神社・巨樹ともに解説板も資料もなく、ミステリアスです。

 そして、その上に、この立地。
 かなりの急斜面にへばりついて立っていて、ほとんど空中に浮いているような状況とも言えます。
 写真では伝わりにくいと思いますが、たたずむお二人のすぐ後ろが、何もつかまることができないような急斜面。
 ただ立ってカメラを構えているだけで、すぐに背筋がぞわぞわしてきます。

 こっちの写真の方がわかりやすい。
 鳥居前の人間が立てる幅がわずかに1メートルほどしかないということがお分かりになられるかと……。
 まったく、ここへ至る道の細さ、ガードレールなしの転落一発アウト(=死)のスリルドライブにもかなりキモが冷えましたが、こんな空中庭園のような土地にも人が住んでいるというのは……そしてそんな集落にもちゃんとひとつの神社と神様がいるというのは、平野民は驚くしかない光景でした。

 この異郷感は強烈で、おかげで気持ちが浮ついてしまい、神社や巨樹のことを住民の方に訊いてみよう! とか、そういうことすら思いつきませんでした。

 話を巨樹に戻すと、そんな急峻きわまりない立地に力づくで根を踏ん張り、幹周囲9メートルという大きさにまで成長した大杉です。
 低木の茂りに隠れてぱっとはわかりませんが、この根の力みようはすごい。
 象が立ち上がって踏ん張っているかのような眺め。
 やはり、かなり下の方まで掌握しないとこの巨体を支えきれないわけで、幹を大きくすると同時に根の方でも斜面を覆うかのように巨大化していっています。

 神社に続く石段も恐ろしく急で、手すりもない。
 バックパックを背負ったまま登ろうとすると後ろにのめって、そのまま背後の空中に吸い込まれてしまうのではないか? と冷や汗がにじみます。
 ほとんど四つん這いになるようにして、実際時々手をついて登りました。

 そんな石段を、すぐそばで巨大な幹が見下ろしている。
 その根が石段の端をめくりあげ、壊しつつある。

 手を触れられるほどの距離で見る9メートルの幹というのは、かなりの迫力です。
 立地ゆえに、この杉は石段の途中で樹上を見上げることを許さない。その先端を見ようとしてひっくり返ったらと思うと、思い出しただけでも、背筋が冷たくなります。

 なので、とりあえずは石段を最上部まで登る。と……。

 こんな狛犬? 珍獣? がお出迎えしてくれました。
 よく見ると狛犬はオーソドックスなものが鳥居前に一対いるんですが、これは? 
 見たことないですが、なんだかとってもかわいいやつですね。笑
 こんなとこまで来るなんてお前ら物好きだな、よく来たなぁ、とか言ってそうです。
 大杉と一緒にいる神獣なのかな?

 神社の正面に立ってやっと、自由に体を使えるようになります。
 とはいってもやはりスペースは最低限で、成人男子3人が並ぶとかなり手狭に感じます。5人いたら、ラジオ体操できないんじゃないか?

 やっと思い切り杉を見上げることができました。
 やはり南国、雪の重みのために変形することはないのでしょう、その幹は定規を当てたかのようにまっすぐ天を突いています。

 根の上部数メートルで、いきなり幹の太さが細くなっているのがわかると思います。
 それでも幹周囲は5、6メートルありそうですが、いや、幹が細くなっているのではなく、根元が太いのです。
 この場所に生育することの苦労を、この巨大な根幹部が語っているように思えますね。

 大枝と呼べるものは一本だけで、開けた空中へとむけて手を差し伸べているような形です。
 枝葉は弱々しくはないですが、控えめ。やはり、根で生きている巨樹というような印象を受けました。

 ひととおりその姿を把握し、ふうっと息をつきました。
 高知の山地風景が一面に、はるかに見下ろされます。
 その中に、きわめてまっすぐな大きな杉が1本、直立している。
 向こう側にそびえる山からも、この一本杉はよく見えることでしょう。
 この杉は、ずーっと、はるか昔からこの光景を見守り続けてきたんですね。

 眼下を、ちいさな電車が走っていきます。
 下からここまでやってくる人はそうはいないでしょう。意識して見上げる人も、そうはいないかも。

 世間から切り離された環境。
 立つことも難しいような狭小な土地に根を張る大杉と、そこに家を建てて暮らすわずかな人々……。
 こんな世間があるんだなあ、と、気が遠くなるようでした。

 強者ぞろいの徳島の巨樹めぐりをし、「杉の大杉」のような超メジャーな巨樹の後で訪ねると、この杉は地味に見えるかもしれません。
 しかし、この風景と杉の幹をいっしょに眺めた時の、「とんでもないところまで来たんだなあ……」という、この実感は、ずっと心に残り続ける感動でした。
 巨樹があったから、ここへ来ることができ、この光景を見ることもできた。
 逆に言うと、巨樹がなければ一生来ることもなかった場所へきて、見るはずもなかったこの光景を見ることができたのです。

 一枚の写真とわずかな散文を頼りに、たった一本の樹を探しに行く。
 それが巨樹探訪の本来の姿だと思います。
 その達成感、すがすがしさは、シンプルながら強烈で、忘れがたく心に刻まれる。
 高度な情報化社会の現代において、そんなプリミティブな感動をくれる巨樹でした。

「六社聖神社の大杉」
 高知県長岡郡大豊町日浦
 推定樹齢:不明
 樹種:スギ
 樹高:38メートル
 幹周:9.1メートル

 訪問:2019.5

 探訪メモ:
 地図では掴みづらいですが、439号からはかなり急で細い斜面を登っていきます。当然すれ違い不能で、脱輪したら大事故になりそう。筆者も上手ではないですが、運転がニガテ……という方にはおすすめしません!

<徳島・高知 巨樹探訪旅の記事もどうぞ>
徳島・高知 四国巨樹探訪旅4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です