巨樹たち

高知県大豊町「杉の大杉」

伝説を生きる超巨大神代杉

 四国巨樹探訪旅も徳島から高知へと移りましたが、一発目で最大のカリスマに挑戦する運びとなりました。
 天然記念物の中の国宝、国の特別天然記念物に指定されている超弩級の巨大杉「杉の大杉」です。
 まずは、何も言わず、この規模を見て頂きたいです。

 迷わず現地に着き、拝観料200円を払って振り向けば、もう、どうしても隠せない巨大杉の先端部が見えているという按配。 
 ついに念願叶う、と、ドキドキしながら八坂神社の鳥居をくぐった途端、3人揃って足を止め、動けなくなってしまいました。
 なんなんだこれ……。

 巨大すぎて、自分の脳がにわかにそれを樹木であるとは認識してくれない。
 岩山か、そうでなければ、直立したタンカーとか、そういう部類の存在感を感じるのを如何ともし難い……。
 モノにはそれ相応のレベルがあるということでしょうが、この樹は、その仕切を飛び越えてしまっている。
 思い浮かぶ比喩に対してぶつかる「いや、やっぱり樹木だわ……」のインパクトが強すぎるため、痺れて立ち尽くすしか無くなるのです。

 そう……とんでもないことですが、この超絶巨大な物体は樹木です。
 何言ってるんだこいつは、と思われるかもしれませんが……。
 「存在」や「実在」などという、そのもののことを考え込んでしまいます。

 幼少の頃、巨大な像や船や恐竜や、そういう馬鹿でかいモノが怖くて仕方なかった。
 おそらく、その頃のちっぽけな自分がこのとんでもない杉の前に立ったとしたら、恐ろしくて泣き喚いたんじゃないかと思います。

 その一方で、「怖い」と思うモノに、常に興味を惹かれ続けるというのが人間の不思議な心理です。
 それで自然だとも思います。「怖い」ものに無関心だと、すぐ食われたり踏み潰されたりする。合理的な仕組みなんだと思います。
 巨樹に対する興味というのは、そこが原点じゃないかと……そんな根源的なことすら考えてしまいました。

 オーケー、かろうじてオーケー、目の前のとんでもないコレは、樹だ。
 話がどっかに飛んで行ってしまいがちですが、巨樹、樹であるということを踏まえ、考えてみましょう(何言ってんだ)。

 巨樹の主役とも呼べる杉。
 誰もが知る超有名カリスマ巨樹・屋久島の「縄文杉」が日本最大の杉だと思っていませんか?
 確かに、幹周囲16メートルというデータは大したものですが、最も大きいかというと、そうではない。あえてそう言います。
 数値的にもさらに大きいとされているものもあるし、近づくことが一切許されず、遠くから望むだけでは、その大きさを完全に実感できないのでは? というネガティブ要素もある。

 巨樹探訪している身として、そりゃあ屋久島にも一度は行っておくべきと思っています。
 が、巨樹ならまず屋久島でしょ! とならないのは、そういうイベント性よりも、身近に潜む大物を探訪する魅力を知ってしまったから。
 と、言っておきましょう。

 まず、この「杉の大杉」の大きさは、縄文杉にも全く劣りません。
 2001年に行われた環境省フォローアップ調査結果では、南大杉の幹周が15.6メートルということで、これだけでも肉迫している。
 その上、ご覧の通り、「杉の大杉」にはもう一本、11メートルを超える北大杉が聳え立っている。
 しかもここでは、この「超」巨樹とでも呼べる存在感を、数メートルの距離で目の当たりにすることができる!

 ……と、興奮して書きますが、いやー、写真に撮ると、この強大無比な存在感というのは全く表現できないものですね。苦笑するしかありません。
 この距離まで寄れてこんなザマですから、遠くから望遠で撮る縄文杉は……撮りに行く前から、もったいないなと思ってしまいます。

 同士3人で訪ねたのは幸い。
 大杉の前にto-fuさんと RYO-JIさんをちょっと置いてみて、この杉の大きさが高層ビルも同然であることを示すことだけはできます。

 日本で最大といってもいい巨大杉なので、巨樹を扱う書物には必ず掲載されています。
 これは我々3名の共通意見ですが、その印象から、もっともっと老化しているのだと思い込んでいました。
 ところが、いざ現地に立って見てみると、決してそんなことはありません。
 これほどの大きさと高齢さを見せつけつつも、まだまだ枝葉の繁りは多く、強い生命力を感じさせます。

 この、ただの枝の範疇にとどまらないような大きさの枝の眺めも、ほんとにすごい。
 正面から見ると保護部分が目立ってしまいますが、裏側はまったく無傷に近く、樹皮も健全なことに驚きました。
 いや、それにしても、ただただ撮ってるだけになってるなあ……。

 ちょっとズームしてディテールを感じてみると、この規模の大きさが実感できるような気がして。
 巨大すぎる体躯の中に、古代から生きている証しであるかのような無限のディテールが感じられます。

 この樹には、素戔嗚尊が植えたという伝説すらあるらしく……その場合の神秘的推定樹齢は3000年。
 ……まあ、それはないにしても、「1000年以上の歳月を生きる伝説の樹」という言い方を当てはめた時、微塵も疑いを感じない巨樹であることは確かです。

 巨大巨大と何回書けばいいんだ、と困ってしまいますが、とにかく写真のフレームに入りきらない。
 途方にくれつつ、裏側の土手のようなところに登ると、かろうじて上部も眺めることができました。
 高さ50メートルを超える生ける尖塔です。
 この質量が突如崩壊しないように、後方で物騒なアンカーを打って、太いワイヤーでテンションをかけていました。

 樹高も本当に高い。
 一部のデータでは、南大杉は68メートルとするものもあり、この数値では、おそらく日本で一番高い樹となってしまいます。
 その後の計測で改められたものの、それでも57メートルという数値が出ているらしい。
 太く、かつ、高いという点で、本当に匹敵するもののない巨樹であることがわかります。

 再び根元を。
 北大杉と南大杉は、これだけ離れています。
 規模からして、土の中では両者が合体していることは確実ですが、さすがにこれを1本の樹と見ることには難がありますね。
 だからと言って、それがどうした? ってなもんで、南大杉は高知で2位、北大杉は5位の巨樹とカウントできます。
 株立ちのクスやカツラも存在する高知県において、切り分けてなおこのランクに食い込んでくるのですね。
 樹種別であれば、南大杉は当然のごとく1位。

 興奮冷めやらず、同じような写真を何百枚も撮ってしまいました。
 この大巨樹のスケールを表現しきれたとはとても言えない写真を……。

 前日のラスト「加茂の大クス」に続いて、この「杉の大杉」も国の特別天然記念物に指定されています。
 特天に指定されている杉は、「杉の大杉」と、かの「石徹白の大杉」のみです。
 まさに特天にハズレなし、か……。
 特天ともなると、こちら受け止め手がオーバーフローしてしまうというものなのだと暗に突きつけらたようにも感じますが……。

 立派な解説版。クリックすると大きくなります。
 さすが、多言語で色々なことが書かれていますが、樹齢・幹周・樹高においてレギュレーションにイマイチ従っていないのがちょっと気になります。
 いや、樹齢なんかは伝承でもいいんですが、このネット時代にこの表記では情報が錯綜してしまいます。

 「加茂の大クス」においても、幹周もっとあるだろ? いつ測ったんだよ? という問題があるし、やっぱり特天ともなると恐れ多くて、こういった更新がかえって遅れてしまうものなのでしょうか。
 「石徹白の大杉」に解説版のたぐいがなかったのは、逆にヨシ! と個人的には思うのですが(ワガママ)。

 ちなみに、インターネット情報によると、2010年頃は周囲に絶えず音声解説が流れているという状況だったそうで、確かにそれは蛇足だなあと思います。
 現在ではそれに該当するものはなく、静かなところで観察や撮影に打ち込めるのはありがたいですね。もっとも、有名な名所ですので、観覧のお客さんはひっきりなしです。

 とにかく、とにかく、そういうワケで。
 思い切り遠いけど、ここはいつか絶対……! と闘志を燃やしていた念願の巨樹に対することができ、気づけば1時間半も3人めいめい、夢中で撮っていました。
 世の中には本当にとんでもないものが存在するのだという実感をはじめ、日常生活では得難い感情を色々と呼び起こしてくれる、巨樹中の巨樹でした。

「杉の大杉」
 高知県長岡郡大豊町杉
  794 八坂神社
 推定樹齢:1000年以上
 樹種:スギ
 樹高:南株:57メートル        北株:50メートル
 幹周:南株:15.6メートル 
    北株:11.4メートル

 国指定特別天然記念物
 樹種別四国1位(南株)
 樹種別全国3位(南株)

 訪問:2019.5

 探訪メモ:
 超有名な巨樹で、アクセスはこの上なく良好。
 高知高速自動車道の大豊インターチェンジで降りて少し、道の駅「大杉」という、分かりやすさ1000%の道の駅でトイレ休憩したら、あとはもう目と鼻の先です。

<徳島・高知 巨樹探訪旅の記事もどうぞ>
徳島・高知 四国巨樹探訪旅4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です