巨樹たち

千葉県香取郡神崎町「神崎の大クス」

通称「ナンジャモンジャの木」

 夏の巨樹探訪です。
 巨樹・写真の仲間であるto-fuさん(https://withphotograph.com)と一緒に動けることになり、千葉県北部の巨樹を巡る計画を立てました。
 日帰りで行ける地元でありながら……いや、それゆえに後回しにしていた巨樹を巡る好機となりました。

 地元の物産豊かな道の駅「発酵の里こうざき」を待ち合わせ場所にすると、その巨樹はすぐ近く。
 神崎神社にある「神崎(こうざき)の大クス」です。

 天然記念物であることを示す石柱に、こうあります。

「神崎の大樟 通称 なんじやもんぢや」

 なんじゃもんじゃの樹。
 古くからこの樹はそういうあだ名で呼ばれてきました。
 ここへ来たことはなくとも、この名だけは聞いたことがあるという人は多い。
 もちろん地元の話ですが、もしかすると他の地方でもこの名は案外通るかもしれない。

 というのも、「なんじゃもんじゃの樹」というのは色々なところにあるようです。
 文字通り正体不明の怪しい樹という意味なんですが、僕自身は、水木しげるの「日本妖怪大全」で、謎めいた樹のオバケ?として読んで知りました。
 その中で、もしかすると全国的に見ても一番有名な「なんじゃもんじゃ」がこの樹ではないかと思われます。
 なんと言っても、国指定天然記念物。
 どういう樹なのか、気になっていました。

 しかしながら、訪問を後回しにしていた。
 その理由としては、「近所なのでいつでも来られる」と思っていたのがひとつ。
 もうひとつは、「どうやら枯れてしまった樹らしい……」という情報のためでした。

 来てみれば、確かに。
 主幹はそれなりの大きさ……これだけで6、7メートルはありそうですが、パサパサに枯れきっている。
 今も黒く残る部分は、この樹がかつて炎に包まれたことを物語っています。
 落雷か? と思いますが、どうやら違うらしい。
 解説によれば、明治40年にあった神崎神社の火災で一緒に燃えてしまったのだそうです。

 奇妙なのは、火災が明治40年(1907)、国の天然記念物に指定されたのが大正15年(1926)年という時系列。
 つまりはこの巨樹、燃えてしまってから天然記念物に指定されているのです。
 まさに、ナンジャモンジャ? とでも言えば良いのか……。
 樹木の天然記念物指定って、枯れた樹にも適用されるものなのでしょうか。

 なかなかミステリーを感じますが、現在もこの指定は解除されていません。
 その枯れた主幹の左右を挟むようにして立派な幹が立ち上がっていますが……これがこの樹のひこばえ。
 それらが巨大化し、十分な迫力を得てそびえ立っています。

 もしかすると、指定当時はまだ主幹にも息があったのかもしれません。
 まもなく枯れる運命だと悟って、この樹は、ひこばえ達に続きの生を託したのでしょう。

 枯れてしまっても完全に朽ち果てることなく、その場に存在し続けているのは立派です。
 クスの生命力と成長する力の強さを実感できる光景だと思いました。
 丹念に周囲を掃除してくださっている方々もおり、風景として親しまれていることが良くわかります。

 幹周囲は10メートルとされていますが、当然これはひこばえも含めた数値。
 合体樹を見るとしても、それぞれが変に離れて位置していると少しがっかりするものですが、この樹にはそれを補う物語が見て取れると感じました。

 神崎神社の周辺の森も生気に満ちていて、準巨樹とも言えるケヤキやシイが多数生育しています。
 この「神崎森」自体も県指定の天然記念物に指定されていて、菌類や昆虫など、自然観察をしても奥深そうなところでした。

 解説文。
 神崎神社の主祭神は天鳥船命、大己貴命、少彦名命。
 歴史は古く、白鳳2年(673年)にはこの地に在ったとのこと。
 この辺りの歴史的な資料が少ない中、神社に残る古文書は当時を伝える貴重なものだそうです。

 この大クスを「ナンジャモンジャ」と名付けたのは、かの水戸光圀公だそうです。
 その頃には主幹が元気だったはずですが、300年も遡るとなると、逆にそこまでの大きさではなかったのでは? という疑念が湧きます。

 一方で、濃い神社森はあれど、クスノキはこれの他には無さそうです。
 この辺りはクスに最適な自然環境ではないのでしょう、近隣地で目立った個体もない。
 どういう意味づけかはわかりませんが、御神木として誰かがここに植えたというものなのだと推測します。
 ということは、もしかすると、この辺りにないクスという樹種こそを見て、光圀公は「ナンジャモンジャ?」と呟いたのでは……?
 そんなことを思いました。

「神崎の大クス」
 千葉県香取郡神崎町神崎
 神崎神社
 推定樹齢:不明
 (光圀命名から300年以上?)
 樹種:クス
 樹高:7メートル(主幹)
 幹周:1oメートル

 国指定天然記念物

 訪問:2018.8

 探訪コメント:
 道に不安は特になし。
 神社駐車場から数分徒歩で坂道を登る。
 木々が鬱蒼としており、夏場は蚊が襲いかかってきます。
 道の駅「発酵の里こうざき」は、お酒などの物産が多くておすすめです。

周囲の声:

地元男性:「若かった頃(35年くらい前)、初めて中古車を買って、『なんじゃもんじゃの木に行こう』とドライブに行った。鬱蒼としていて怖かった」

地元の大工さん:「(大きい樹を知らないかと訊くと)なんじゃもんじゃの木のことじゃねえか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です