巨樹たち

千葉県匝瑳市「安久山の大シイの木」

千葉県最大、全国4位の大スダジイ

 水気と潮気がきつい千葉がシイ・タブ王国であることは公然の事実です。
 知られてないだけ……というか、普通の人はあまり興味がないかもしれませんが、事実なのです。
 その中でも、ひときわ有名で巨大なシイが「安久山(あぐやま)の大シイの木」です。
 その巨大さは、シイという樹種そのものを見直すくらいのものでした。

 所在は千葉県匝瑳(そうさ)市。
 県外の方にはなかなか一度で読めない地名です。
 農業が盛んな地域で、幕府に献上された「多古米」が最も有名な特産です。

 安久山の大シイを見るためには、小高い山の上といった感じの安久山地区にある、立派な個人宅を訪ねることになります。

 こちら、平山さん宅のお庭にあり、管理される上で必要なコストとして入場料(200円)を納めることになっています。つまり、無断進入はいけないということですね。

 ……こういう言い方はあまり良くないかもしれませんが、大抵のお寺の庭園などでは、拝観料を取られても取りっぱなしで、あとは放置される感じですよね。
 しかし、個人宅でありながら、平山さんは大変熱心かつ丁寧に説明をしてくださり、立派なお座敷にもあげて下さいました。

 大シイはお宅の裏側にあるそうで、案内頂きまして……うおっ!? と、思わず仰け反るような巨大な姿が現れます。

 全く、想像以上。シイでこれほどまでとは……と、戦慄する我々に対して、「じゃあごゆっくり見てってください、最後に古い家もご案内します」とのこと。

 さすが自分の家の庭に巨樹を有する方、じっくり好きなだけ眺めたいという愛好家の心理をよく心得ておられます。

 実際平山さんは樹木そのものや全国の巨樹への見識も豊富な方で、巨樹探訪にとって有意義なお話をたくさん聞かせて頂きました。

 まあ、それは巨樹を見てからの展開。
 じっくり「安久山の大シイ」を見ていきましょう。

 スダジイは巨樹の中ではメジャーな樹種ですが、多く見かけるのは目通り幹周囲7、8メートルのクラス。
 この樹のように10メートルを超える個体にはなかなかお目にかかれるものではありません。

 さすがのど迫力です。
 樹種別で千葉県1位、全国でも第4位にランクされる樹です。

 しかし、恐ろしいことに、近年、東京都島嶼地域の原生林で巨大なスダジイが次々見つかり、そもそものランキングが大きく入れ替えになってしまうというニュースが……。

 これにより、東京都が有する巨樹ランキングが、すなわちほとんど「スダジイランキング」になってしまう。
 東京都はこのどんぐりの樹を都の樹にするべきなんじゃないの? などと思ってしまいました。

 根張りが大きく、どれが主幹かもわからない。
 とうに主幹が失われたため、生存戦略としてこのように多数に分岐したのかもしれません。

 この動きのある造形には、ある種のスピード感すら感じます。
 植物は見ている前では微動だにしない。しかし、この姿には躍動感を感じるのです。

 

 また、この樹特有の特徴と言えば、この、熱帯性の植物のように板根状に発達した根です。
 これまで見てきたシイにはこのような特徴はなかったので、とても目を引きました。
 この板根だけでも、横に立てば人の背ほどの高さがあります。

 何があっても動じそうにない。
 屋敷の樹として保護されていますが、台風などによるものか、折れている箇所もある。

 また、周囲の土壌は湿気が多く、粘土質のようにも見えました。
 この土質のためか、朽ちたり、菌類や着生植物も生えていますが、それがどうした? と言わんばかりの猛烈な成長ぶりを感じさせます。

 近づくと、太い枝が覆いかぶさってくるかのようです。
 巨樹ともなるとグロテスクなまでに迫力に満ちた造形になってしまうスダジイ。
 この樹も相当なルックスですが、なぜかそこまで「不気味」だとか「怖い」とかいう気分にはなりません。
 あふれる生命感によるものだと思います。

 繁茂面積が大きく、枝は明らかにお宅の屋根の上にかかっている。
 雨樋が詰まらないように等、ご苦労察します。
 いや、それにも増して、この規模の樹が存続していくというのは、やはり相当な思いやりに恵まれなければ難しいと思います。

 それゆえ、巨樹の多くは神社やお寺の御神木や霊木とされる樹なのですが、この樹は個人宅の樹。
 先祖代々、この樹を大切にするべく情熱を傾けられてきたことが伺えます。

 こんな樹が自分の実家の庭に植わっていたら、人生どう変わったものでしょうか。
 樹を見る目だけでなく、いろいろな価値観が変わってしまいそうです。

(環境省のDBに、平山さんの奥様による「巨樹との生活」を感じさせるコラム(クリックで開く)が載っております。こちらもぜひ)

 そのような稀有な環境で育たれた現管理者の平山さんは、とても気さくながら、様々なアイデアと実行力に富んだ方。
 築130年とも言われるご自宅を改造して、大シイをドーン! と眺められる古民家ホテルにする計画を語って下さいました。
 この方あってこの樹あり。まさにそういう気がしました。

 解説文。
 文句ない、千葉県内最大のスダジイです。
 シイ王国千葉の王者というべきか。
 平山さんからのネタバレ情報によりますと、環境省の巨樹調査隊がこの大シイをドロー……いや、この辺にしときましょう(隠す意味がない)。

※その後、こちらのネタも環境省DBにアップされました。探してみてください。

 千葉県の巨樹を語る際に忘れてはならない一本。
 それと同時に、「巨樹と人の関係」について、良い記憶がまたひとつ増えたことが大きな収穫となりました。

 ぜひまた再訪したい。可能であれば古民家ホテルにお世話になって、平山さんにもさらに巨樹のお話を聞かせていただきたいと思いました。

「安久山の大シイの木」

 千葉県匝瑳市安久山 平山家

 推定樹齢:300年
 樹種:スダジイ
 樹高:20メートル
 幹周:10メートル

 匝瑳市指定天然記念物

 訪問:2018.8

 探訪コメント:
 平山さんのご厚意による駐車場は2、3台ほど。
 敷地内に無断侵入しないように気をつけましょう。

 立派な古民家がどのように改良されていくのか、再訪するのも楽しみです。

周囲の声:

平山さん:「樹の後ろを下って行くと、NHKの『日本の里山100選』に選ばれた谷津田(やつだ)という田園がある。ぜひ見ていってください」

巨樹愛好家より:「三宅島のスダジイ捜索隊隊長の佐久間さんと、平山さんの対談を、ぜひいつか見てみたいです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です