巨樹たち

千葉県匝瑳市「天神の森のシイ」

飯高寺裏山の躍動感あるスダジイ

 飯高寺から少し歩いた先に見ておくべきと直感が訴えるスダジイがあり、探訪して来ました。
 位置が少し分かりづらい……墓地の奥に急で長い石段があり、これがまた、巨樹があると知らなければまず遠慮したくなるような薄暗い感じで。

 登り切るとそこが目指す「天神の森」なのですが、これまた鬱蒼としている。
 どっさりとした竹林の中、よしずの間から覗くような感じで見れば、異様な姿のスダジイの巨樹がそびえ立っていました。

 怪しい。妖しいと言った方がいいか。
 言うまでもなく、この板根
 熱帯性の植物でもないのに、一体、こうまで成長するのに何の理由があったのか……。

 「安久山の大シイ」でも板根が目につきましたが、もしかすると同じ血統なのかもしれない。
 板根部分は樹皮の感じも違って、ちょっと滑らかに見えるようなところもユニークです。

 環境庁のデータでは幹周5メートル強ということだったのですが、おいおい、この板根の発達ぶりからしてそれくらいで収まる? と疑わしく思ってしまう大きさです。

 第一線に出てくる巨樹ではありませんが、パラメータを裏切ってさらに大きいという事実は、愛好家からすればとても嬉しい。
 この時点で早くも報われた思いがしました。

 枝ぶりもかなり妖しい。
 各々が意思を持ったかのようにうねり、スクリューのように身をねじらせて天を仰いでいます。
 成長する上で隣の枝に接近してしまい、それを察知して急激に方向転換したかのよう。
 軟体動物的な躍動感があります。

 しかし、これだけ異様なフォルムでありながら、「化け物に相対している感」や、「近づいたら取って喰われる的恐怖」を感じないのは自分でも意外でした。
 やはりスダジイを陰の属性の樹だと感じるのは違いないですが、この樹はどこか力強い懸命さを感じさせ、見ているうちに次第に好ましく感じるところがありました。 
 無言のまま身体を最大限に躍動させるダンサーのような。

 角度を変えれば変えただけ違う姿に見えるようなところがあり、気づけば夢中で撮っている自分がいました。
 樹を撮っているという感じがしないのです。
 微動だにしないものを撮っているというのに非常にエキサイティングで、「面白い……」とファインダーを覗きながらつい呟いてしまいました。
 一般の方からすればかなりやばい奴に見えるでしょうが、本当、フレーミングのやりがいがある。良い被写体ぶり。
 自分がすっかり蚊のドリンクバーと化しているのにも気づかないほどでした。
 (※to-fuさんは血液型柄、僕よりもおいしいらしく、アイドル並の扱いを受けてました。蚊に。)

 先の樹だけでも結構な満足感がありましたが、ここは「森」です。
 他にも数々大きな椎があるのですが、特に目立つのは奥にあるもう一本のこの樹。

 これまた妖しい形をしています。
 これはもう、見ての通りバランスがおかしい。
 幹周囲は前のものよりも小さそうですが、大枝の規模は大きく、つんのめるような姿勢で成長を続けています。

 しかし、つんのめりはしない。
 どういう根の力なのか……そういえば、恐ろしい成長力を持った竹の群衆に囲まれながら平気でいるのも、考えてみればすごいことです。

 見上げると、枝々の格好はさらに複雑怪奇です。
 幹が横ばいになっているのに、枝は皆天に向かっている。
 それぞれが光を貪欲に求める触手となって身をひねり、這い回っている。

 おそらく主幹レベルでは大きく損傷した箇所があり、大枝が代わりの幹のような役割を担ったため、こんな格好になってしまったのでしょう。
 改めてスダジイのしぶとさと柔軟さを実感させられます。

 そんな強力なスダジイたちが光を求め続け、頭上は彼らが作り上げたドームのような樹冠に覆い尽くされています。
 これがまた、とてもよくできている。
 一見、鬱蒼と見えるほど隙間がないのに、ほとんど重なり合っている枝がない。
 最大面積、最大効率、違いに気遣いあっているようにも見えることから、「クラウン・シャイネス現象」と呼ばれています。

 この「天神の森」全体がひとつのスダジイの意思によって出来上がっていると考えて間違いないと思います。
 あのスクリューのような枝のねじれも、互いに重なり合うことを避け、明るい空を掌握するための「行動」なのです。
 身を細かくよじり、方向転換し、協調しあっているのです。

 森から出て遠景を眺めると、その大きさがよくわかります。
 手前にある樹木の葉が黄緑色に見えるのに対して、どこかくすんだような緑をしているのが「天神の森」、スダジイたちが種の意思で作り上げた樹冠です。
 見事な支配率。
 竹など、顔を出す隙間はありません。
 正直、この一連の探訪は、スダジイという樹種に対する印象をかなり変えてしまいました。

 解説文。
 名ありの単独樹を見にくる感じとは違いますが、でかいヤブ蚊に刺されるのを我慢するだけの価値はある巨樹です。

 また見に来たい……そう思う心はもちろんありますが、ひょっとしたら独りで来るとコワくなるかもしれない。
 特に、あの完成度の高い樹冠の下にいて、これはもうスダジイたちの腹の中にいるのも同然なのでは? と感じてしまっては、また誰かを誘って訪問するしかないな……と思うのでした。
 道連れを。

「天神の森のシイ」

 千葉県匝瑳市飯高

 推定樹齢:不明
 樹種:スダジイ
 樹高:20メートル
 幹周:5.3メートル

 訪問:2018.8

 探訪コメント:
 飯高寺に駐車、散策しながら歩いて行くのがおすすめ。
  夏場だったので、酷暑とヤブ蚊の大群に悩まされましたが、これは仕方ない……。

周囲の声:

飯高檀林の駐車場にて:
「この辺りは植木屋が多く、最近は中国にも輸出している。そういう土地だから、大きな樹もけっこう多いはず」

「飯高檀林(いいだかだんりん)」は一見の価値あり。
 日本最古の大学(跡)と銘打っている史跡です。
 「飯高寺(はんこうじ)」というお寺が中心にあり、山門から覗く光景からして素晴らしい眺めです。
 4、5メートルクラスの杉並木の突き当たりに写真の飯高寺本体がどーんと出てくる。これがまたものすごい大きさです。

 寺子屋の上位版のような、高等教育の機能を持った場所だったらしく、後の立正大学になったとか。
 この雰囲気がほとんど無加工で時代ものの映画に使えるそうで、ロケも盛んと聞きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です