巨樹たち

山形県東根市「東根の大ケヤキ」

子供達と生きる巨大天然記念物

 「東根の大ケヤキ」は有名な巨樹ですが、出会ったのは意外にも偶然でした。
 2016年、東北へのぶらぶら車中泊旅をしていて……東根温泉で朝湯をもらい。
 幹線道路に出たら、そこで標識を見つけ、「行くしか!」と。
 今から思えば、この巨樹をリストアップしないとは、何を見に行ったんだ? という感じですが……。

 のんびりした街並の坂道を上がった先の東根小学校に立っています。
 遠くからもすぐわかる、驚くべき巨大な姿が見えてくる。

 2019年の年末、巨樹収めに再訪。
 ケヤキで唯一国の特別天然記念物指定を受けている大巨樹、まごうことなきシンボルツリー。
 東根ではあらゆるものにケヤキのマークを入れて誇らしげです。

 東根市は宮城から山形へ抜ける入り口にあたり、山形の巨樹探訪の際に何度も通り、その度にこの樹の元に立ち寄りたくなりました。
 このクラスの巨樹になると、逆らい難い引力のようなものを発している気がします。
 それを振り切ってまだ見ぬ巨樹の方へ向くのは、けっこう労力が要りました。

 ドーンと。この塊感半端ない幹姿。縦横比が他の巨樹とは圧倒的に異なって見えます。
 幹周囲は地上1.2メートル地点で16メートルもあるとされ、大枝一本でも並の巨樹の幹が太刀打ちできないくらいに太い。
 岩石だって、こんなに巨大なのが転がっていたら、わざわざ見に行く価値があるというような大きさです。
 ひとつの「生き物」というよりはもはや「場所」という方がふさわしい存在感。
 縦横比がおかしいために写真に撮るとちんまりとした印象に見えるかもしれませんが、とんでもない大きさです。

 ケヤキの巨樹の常で幹には空洞がありますが、この角度から見るとどっしりと中身が詰まっていて、樹皮の状態も悪くないのがわかります。
 今回の姿を見ると、葉の量も森のように多い。
 これが冬には一気に落葉するのだから、大変な量ですね。

 特別天然記念物として大切にされていることが、この樹の健康状態にも良い効果をもたらしているのでしょう。

 一説には、二本のケヤキの合体樹ではないか? という説もあるようです。
 実際、明治18年までは「雄槻」「雌槻」(つきのき=ケヤキ)という、一対の巨樹だったようです。
 「雄槻」は枯れてしまい、現在この「雌槻」が残っている。
 ……この話、もしかしたら隣接した巨樹が合体して1本になってしまったということはないのでしょうか。 
 角度によってはそうかも……とも。
 明治18年は1885年、今から135年も前、どんな風景だったのでしょう。

 しかし一方で、「大六のケヤキ 」など、名だたる極太ケヤキを見た経験から推測すると、単幹でも限界まで巨大化すれば、この姿になる可能性はありそうに思います。
 大きすぎるケヤキは凄まじい自重で裂け始め、変形し、やがては大倒壊する定めなのかもしれません。

 解説文。
 ものすごく巨大な樹ですが、幹周の大きさではケヤキの中で日本で3位とのこと。
 しかし僅差なうえ、上位2本は傷みが激しく衰弱しているので、事実上「日本一のケヤキ」と言える樹です。

 少し小高くなった土地である通り、その昔ここは東根城だったそうです。
 大ケヤキの元にお城を作った。その順序ですね。
 会津の「高瀬の大木」がまさに同じ例で、築城前から大木だったと明言されていました。

 今ここは東根小学校。
 日本一の大ケヤキの元、実に雰囲気が良く、こんな巨樹に親しみながら生活できるのは情操教育上もとても良いなあと思います。
 児童が危険に遭いやすいこのご時世に「ゆっくりご覧ください」というこの一文からも、この場の陽気に満ちた感じが伝わるというものです。

 遠慮なく、ゆっくり見物させてもらいます。
 学校の階段に腰掛け、真正面に大ケヤキを見ながらおにぎりを食べました。

 さすが特天、見物のお客さんはひっきりなしにやってきます。
 しかし、ここはあくまで平和そのもの。無駄口を慎んでる人もいなければ、変に感動して涙してる人もいない。皆、へーとかほーとか言って、穏やかに眺めています。
 こんな気兼ねなく見物できる特別天然記念物も……あってもいいと思います。もちろん。

 この日は、日本舞踊か民謡か何か、着物のおばさまたちが集まってケヤキの前で記念撮影をされていました。
 とんでもなく巨大で貴重なケヤキが、ごく普通に存在する風景。
 皆がとても和やかにここへ来て、ここを通り過ぎて行きます。

「東根の大ケヤキ」
山形県東根市 東根小学校
推定樹齢:1500年以上
樹種:ケヤキ
樹高:28メートル
幹周:16メートル

国指定特別天然記念物
樹種(ケヤキ)幹周全国1位
グリーン山形110景
新・日本名木100選

訪問:2016.2、2019.12

 探訪メモ:
 向いに新しい駐車場やトイレも整備されました。
 小学校側でも快く開放してくれているので、巨樹との心地いい時間を満喫できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です