巨樹たち

長野県上田市「大六のけやき」

長野県最大のケヤキ

 関東から石徹白を目指す長い道中(2019年10月)。
 欲張るつもりはないながらも、どこか途中で一箇所くらいは新規箇所に立ち寄りたい。
 直前まで悶々と迷っていましたが、ちょうどよく天気が回復したこともあり、長野県上田市で巨樹を訪ねることにしました。

 ざっと調べてみると、この辺りで興味を惹かれる巨樹はほとんどがケヤキ。
 ケヤキ王国という印象の中、間違いなく代表格と呼べるであろう一本、「大六のけやき」を目標と定めました。

 所在地にたどり着いてみると、一瞬、駐車に困る場所かと思いました。
 が、手前に「児童センター」という公共施設を発見。
 ケヤキを指す案内板もあるし、どうやら休館日のようなので、停めさせていただくことにしました。
 巨樹は……その背後にもう見えていますね。

 建物横の細い通路を入っていくと、りんご畑になっており、いかにも長野県らしい。
 すぐにこの立ち姿が現れます。

 これが「大六のけやき」
 遠景からもその際立った太さが目に入り、ただのケヤキではない……どころか、並みいる大ケヤキの中でも特筆すべき大きさを誇っていることがわかります。
 太い……! 太すぎると言っていいくらいです。
 全体のシルエットが四角に見える!

 神社と呼べるか難しいですが、根元には小さな祠があります。
 解説によれば「大六天」を祭ったものだそうですが、これは「第六天」の変形か。
 「第六天」は仏教において天魔・魔王ともされる存在で、拝むことにより、強力な現世利益を授けてくれるとか。
 かの信長も信奉していたというのを読んだことがあります。
 だからと言って邪宗だというわけではなく、魔でも聖でも強いものは何でも取り込んでいくのが仏教宇宙。

 ……まあ、いずれにせよ、ここにおいてはそこまで熱心な信仰を感じず、ケヤキに守られ、あるいはケヤキを守って、ひっそりと残り続けているという感じがしました。

 どんな荷重をも受け止められそうな幹をしていますが、そこまで枝張り面積は広くない。
 幹からは二本の太い枝が……というか、幹自体「Y」の字型に分岐したような感じ。そこから無数の細枝が直接生えています。
 観察していくと大きなウロや傷跡があり、かつてはもっと広く張り出していたであろう大枝が何本も折れたことが窺えます。

 しかし、それがどうした? というような感じで、この樹はうろたえた様子も感じさせない。
 いや、ケヤキの巨樹には、いつもそんな極めて無骨な印象を感じるのです。
 例えば、福井の「専福寺の大欅」。他の樹種だったとしたら痛々しくて見ていられないような派手な損壊を負っていながら、なお堂々たる巨樹ぶりを叩きつけてくる。
 この樹にも、やはりそんなケヤキ特有の性格を見たように思いました。

 しかし、あくまで硬く、重々しく。
 杉にも楠にも負けない巨樹の生き様を誇示しつつも、巨大に育ちすぎたあまりの自重で崩壊したり、キノコ類に弱かったり、ケヤキにも泣き所がいくつもある。
 この樹の場合は、葉がガサガサに荒れてしまっているのが気になりました。
 おそらく「褐斑病」というやつでしょう。人で言うところの皮膚炎みたいな状態か。

 ともあれ、致命的な状態かと言うと、そうでもないようにも感じました。
 やはり全体的な印象として、幹や根が大変にしっかりしていることが大きい。
 この根でりんご畑の肥料もぐんぐん吸い取って、そのうち皮膚病も克服してくれるんじゃないか……と、応援したくなりました。

 プロじゃないので健康診断の真似はこの辺にしておいて。
 この樹のきわめて素直な幹形状、立地の平凡さを前にしたら、幹周囲を実測しないわけにはいきません。
 一度車まで戻って、長尺を持ってきました。
 そうそう、そしてパーマセルテープ。固定力があるけど、貼ったり剥がしたりできる便利なやつです。
 ケヤキの樹皮はとても乾燥していて硬いので、テープは問題なくくっつきます。

 伸ばす、伸ばす、伸ばす……まだ届かない。
 ケヤキさん、ちょっと失礼しますよ……

 うわ、やっと届いた……と、単幹にもかかわらず、数値は1226センチと出ました!
 これは太い! これより太いと思われるケヤキは、まず特別天然記念物の「東根の大ケヤキ」、関西一の「野間の大けやき」、僅差で会津の「八幡のケヤキ」というところでしょうか。
 一応、他にもランカーがいるにはいますが、上記したような損壊が激しく、対等に扱えません。
 そんな中での健闘ぶり。よくぞここまで大きくなったと感嘆せざるを得ません。

 解説板にもある通り、全国で見たとしても、これほどのケヤキはそうそうない。
 国指定天然記念物である「高瀬の大木」よりも太いということになるのですから、これで市指定天然記念物とは、遠慮しすぎと言えます。

 1185年、神社の材(もしくは風除けか?)として樹を植える動きがあって、その時に植えられたとの伝説があるようです。

 そこからすると樹齢は830年あまりとなる。しかし、それはどうか。
 ケヤキのある意味でのデリケートさも踏まえて考えてみると、あって500年ほどかと個人的には考えます。

 それにしても。
 極めて控えめな扱いや露出の弱さを裏切る長野県第一位のケヤキであり、実際に見れば、それを疑う気持ちにもなりませんでした。
 最初に書いた通り、他にも大きなケヤキがたくさんある同県ですが、このケヤキを見た後では、同じ日にさらにケヤキを訪ねようと言う気にはなりません。

 実測の感動も含め、出会えて良かった巨樹であることに間違いはありません。
 もちろん大枝を四方に広げた姿で立っていて欲しかったところですが、失った姿を見てみれば、かえって不安がなくなったとも言えるかも。
 できれば、今後さらに葉を青くして、健やかさを取り戻してほしいと願っています。

「大六のけやき」
 長野県上田市古安曽大六
 推定樹齢:300年以上
 樹種:ケヤキ
 樹高:30メートル
 幹周:12.2メートル(実測)

 市指定天然記念物
 樹種(ケヤキ)幹周県第1位

 訪問:2019.10

 探訪メモ:
 上記のように「児童センター」に停めさせていただきましたが、必ずお断りをお願いします(この日はどなたもおられませんでした)。

「全国巨樹・巨木林の会」の資料によると、樹種別の太さ全国ランキングでは、およそ6位か7位に入ってきそうです。
上述のように、傷みが激しい上位ランカー2本あまりをどう扱うかによって変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です