巨樹たち

宮城県仙台市「苦竹のイチョウ

鍾乳洞のごとき気根の林立

 巨樹探訪の足は初の宮城県入り。杜の都・仙台市からスタートです。

 アクセス容易な立地に、全国的にも有名な国指定天然記念物のイチョウがあるという。
 北国といえど、さすがに黄葉も終わった時期ではありますが、これを見逃すわけには行きません。
 早朝より、電車に乗って。
 電車で訪ねる巨樹というのも、実は初めてのことでした。
 「苦竹のイチョウ」です。

 仙台駅から仙石線で3駅ほど行き、宮城野原という駅から徒歩5分。
 とても国天の巨樹が存在するとは思えないような街中の風景が続きます。
 樹に苦竹という地名がついており、実際仙石線にも苦竹駅があるのですが、実はこのイチョウの立地は現在の苦竹地区から外れている。
 というより、このイチョウの周囲は現在では「銀杏町」といい、よりズバリな町名を与えられて苦竹地区から独立させてもらったようなのです。期待を高めてくれますね。

 果たして……と歩を進めていくと、不意に建物の間に長大な枝を天に伸ばす樹影が見え、足が止まります。
 あの、異様な塔のような伸び上がり方……一眼でイチョウだとわかります。
 それも相当な大きさ。

さらに行くと、所在地である宮城野八幡神社も見えてきました。
 坂上田村麻呂が800年頃に造営したとされている神社だそうです。
 もちろん、背後にその巨樹。右手にあるのが今回のお目当てである「苦竹のイチョウ」です。
 左にあるケヤキも樹高がなかなか高い立派なもの(太さとしては4メートルほどか)。
 前のモミジも豪華だし、しだれ桜まであるみたいですね。

 

 この立地、車で行けるかどうかについては意見が分かれるところです。
 確かに道路幅は広いし、駐車場が無いながら路肩に停めておくことはできそうに見えます。
 実際行ってみると、わざわざ手を合わせに来る方も複数人おられ、奥のお宅の方が丁寧に管理されている場所でもあって、電車で来て正解だったように感じました。
 駅からもさほど離れていませんし、できることなら電車を使うことをお勧めします。

(※2019年に再訪時、駐車禁止のバリケードが置いてありました。)

 細い路地のような道を入って行った奥に、小ぶりなお社を余計小さく見せる巨大なイチョウが現れます。
 隠そうったって隠しようもない。でかい……。
 でかいのですが、根本がだいぶ絞られたスタイルをしており、どこかアンバランスです。
 いや、広げた腕や凄まじい数・大きさの乳柱(気根)でバランスをとっているようにも見える……ヤジロベエのような、独特の印象を強く残す姿です。

 大きさより、この特異な姿には、もう何も言いようがありません。
 なんという形態をしているものか……唖然とします。
 幹というよりほとんど乳柱の束……近くで見るそれは、まるで鍾乳洞です。
 覆いかぶさってくるような物体感はまるで岩窟のようであり、それ自体磨崖仏のような異様さも感じさせます。

 ご覧いただければ一目瞭然ですが、幹周囲8メートルというのは、あくまでレギュレーションに従ってその箇所を測ったただの数字に過ぎません。
 というかそれは、この樹の一番細い箇所ではないか……。
 俄然、その上部から幹はグワッと規模を拡大し……拡大しておいて、それをさらに無数の乳柱で覆い尽くしています。
 「一番太い箇所」ということになれば当然この乳柱群も一緒に計測することになりますが、一体どのくらいの数値になってしまうのか……。

 ここまで力を入れて乳柱を発生させるのならば、その分幹を太くした方がいいのでは……?
 などとつまらないことを考えてしまうのですが、時にイチョウの巨樹は、我々の思考の及ばないような驚異の成長を見せ、そこにはある種の征服欲のような意思すら感じます。
 とにかく横に横に、さらに巨大化するためにドロドロとその身を液体のように滴らせて、全体を幹と化してしまいたいという……それはもちろん千年単位での遠大な野望なのでしょうが。

 ちなみに、資料によれば、最大の乳柱は太さが1.7メートルもあったそうですが、どれだかわかりませんでした。
 地面に達してしまい、当初の狙い通り、幹の一部となってしまったのかもしれません。

 この乳柱大作戦に比べれば、高さ40メートルほどに立ち上がることなどお安い御用と言っているかのように思えてきます。
 そんなのは樹として当たり前のことでしょう? と。
 上空では枝も多く、となれば、黄葉時の姿もぜひ見てみたくなるものです。

 

 

 朝日がまだ横から差しているような時刻だったので、写真のハイライトが飛んでしまって見づらく、すみません。
 背が高い樹ですが、ズドンと太いまま立ち上がっているわけではなく、地上数メートルから分岐する複雑な形を成しています。
 やはりアンバランス。
 全体を視野に入れて眺めると、宗教的な意味を持つ過度に細長い尖塔を数本、鍾乳洞の上に無理矢理ぶっ刺したような姿に見える……。

 こんなになってしまったのは、数百年前に主幹を失うような大ダメージを被ったせいなのかもしれない。
 異常な乳柱の発達も、大昔から記憶するその危機感に端を発しているのではないか?
 などと、色々と想像させてくれる樹です。

 

 樹齢は、神社と同等の1200年と推定されていますが、現在でも樹勢は旺盛のようです。
 30年ほど前の「日本の天然記念物 植物」篇のコメントには、車道が近いことで排ガス被害が心配だとありましたが、手厚い管理と自動車のクリーン化の効果か、今でも健在なのは嬉しいことです。
 同書は大判本ですが、片側1ページをこのイチョウの黄葉時の大きな写真で埋めています。

 枝が長くなりすぎたのか、何箇所も切られた後があるのですが、傷んでいる様子はないし、枝の先端部には明らかに最近発生したと思われる乳柱の芽(?)さえあります。
 まだまだ、どんどんその戦法で攻めて行くつもりらしい……。

 形状が複雑で、全体としてどんな樹であるのか、結局よくわかりません。
 それを知ろうと、横から後ろへと回ってみようと思いました。
 どうやら、肉付きが良いのは後ろの方らしい。
 形状的にも、前面(北側)に比べてスッキリしているようにも見えます。

 御神木に対して罰当たりな発言だとはわかってはいますが、やはりというか何というか、化け物じみた容姿ですね……。

 背後まで乳柱びっしりだったら、それはそれで恐ろしいですが、前面のそれらを支えるためなのか、背面はやけに筋骨隆々としている。
 イチョウによくある、幹から直接生える無数の小枝「萌芽枝」も全くない。
 やはり大規模に大枝を失った跡が数カ所あり、うろのようになったところを乳柱を垂らして塞ごうとしている……。
 アンバランスに見える幹の隙間も、これで接着しているらしい。
 やろうと思ったら何でもできるんですね、あなた。

 こんなすごい巨樹ですが、背後の敷地はぐるっと民家に囲まれています。
 手狭ではありますが、人通りがないのはいいかもしれない?
 根張りがどこまであるのかちょっと不安になりますが……もしかすると、昔から根を広く張れない事情があって、あのようなコトをする羽目になったのかもしれません。

 

 もちろん、この樹には乳イチョウとしての信仰があります。
 各地ではこの乳柱を削って飲むとお乳が出るとか、様々な様式がありますが、ここではただお願いするだけで良いようです。
 そりゃあ、これだけの乳イチョウですから……しかも珍しい雌の乳イチョウでもあるし。ご利益ありそうですね。
 (「お乳の出が良くなりますように」と願をかけられる乳イチョウの多くが、実は雄の樹だったりします……)

 個人(奥にお住まいの永野さん)の所有であることも書かれています。
 境内の管理・掃除が行き届いており、道路や建物に近いながら落ち着く雰囲気です。
 雌のイチョウなのでギンナンが落ちていますが、いくつかというレベルで、数えるほど。
 この図体の樹がギンナンをつけたとなれば、それはもう不愉快感満点の悪臭の中にいる事になるわけですが、そうならない。
 見せてもらう我々としては、そのご苦労に、ただただ頭を下がります。

 書籍によれば、東北大で植物学を講じていたハンツ・モーリッシュ教授によって世界の学会に紹介された、とあります。
 また、別の本では、日本建築の再評価で名高いブルーノ・タウトも、このイチョウを見て驚いたことを報告したとか。
 伝承にとどまらず、その忘れようもない姿と生態で、現代でも人々を圧倒し続けている巨樹なのです。

 仙台にお立ち寄りの際には、ぜひご訪問を。

2019.12再訪時。盛り少し手前でしたが、かなり豪勢な黄葉を見せてくれました!

 「苦竹のイチョウ」
 宮城県仙台市宮城野区銀杏町 宮城野八幡神社
 推定樹齢:1200年
 樹種:イチョウ
 樹高:32メートル
 幹周:8メートル

 国指定天然記念物

 訪問:2018.12、2019.12

 探訪メモ:
 上記の通り、駐車場は無いと考えた方が良いので、電車をご利用ください。
 長野様の門近くにあるタラヨウも立派です。
 八幡神社の狛犬は造形がコワい。

 周囲の声など:
 仙台市在住「近くに住んでいたこともあるが、そんなに立派なイチョウがあるとは知らなかった。今度ぜひ見に行きたい!」

 電車利用でもあり、三脚を持って行きませんでしたが、ギンナンの季節にカメラを地面に置いて撮れるとは思いませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です