巨樹たち

兵庫県丹波篠山市「藤坂のカツラ」

兵庫県最大はこの巨樹

 福井の巨樹を巡り、車中泊を重ねながら京都、兵庫へと入った2018年5月の探訪旅。

 この日はto-fuさんに同行していただき、土地勘も活かしていただいて、順調に旅を進めることにしました。
 兵庫県第一弾は、to-fuさんが魅せられるあまり三顧の礼を成し遂げてしまったという「藤坂のカツラ」です。

 まず、篠山市は「ささやまし」であって「しのやまし」ではありません。※
 兵庫県の一番東側の内陸部、京都にめり込んだような形の市です。
 かつて丹波と呼ばれた地域で、大半が森林と山の地形。
 夏暑く、冬寒い……。
(※2019.5、「丹羽篠山市」に変更されたそうです。)

 ケモノ除けゲートを開けて入るタイプの林道を進む。先達がいなかったら立ち入り禁止だと思って引き返しそうだ……。

 進むに従って傾斜がつき、とうとう道なき道、グラグラした木の階段に。この20分ほどの道のりが結構キツい。
 後ろに倒れそうになるほど急。トレッキングシューズ、ポールもあった方がいいと思いました。あと、お水。

 ハードな登坂に息を切らせていくと……
「ああ……あれです」
 告げられて、ふり仰ぐ……

 おおお! あなたか!
 キツい傾斜が一番集約される箇所に、それをものともせず、大カツラがそびえていました。

 書籍などの小さな写真はともかく、to-fuさんのサイトでしっかりとした写真を見ていたおかげで、自分の中でのイメージはできていました。

 そういった場合にはどうしても感動や驚きは減退するもの。
 しかし、このカツラの、どうしてもふり仰がねばならない立地、身を反らして見上げた時の迫力は、やはり現地で味わうしかない特別なものだと思います。

 幹周りは12メートルとも13メートルとも言われている。
 福井で見た「白山神社の大カツラ」(14.5メートル)ともいい勝負をする巨大なカツラです。

 ひこばえが主幹を彩るように緑の葉をつけて密集していて、これもまた季節感を感じさせてくれます。

 単幹の杉の巨樹だと、1メートルの差というのは案外はっきりと感じられるものですが、カツラの場合……よくわかんないです。笑

 個体の姿形が皆違いすぎ、かつ複雑なので、全体像がすごく把握しづらい。
 これがおおよそ何メートルかなんて……「でかい」でなければ「すごくでかい」とか、そんなレベルでしかなくなってしまう。

 最初に生えていた幹が主幹であり、それを注視せよというのがオーソドックスな見方でしょうが、もはや、どれだかわからない。
 最初から株立ちだった可能性もありますが、近づいて見てみるに、不朽して中心部が空洞化している様子はありませんでした。
 束になって、みっしりと結束している感じです。
 その状態で13メートルあるのだから、やはりこれは相当な巨樹と呼べるでしょう。

 調べてみると、現状、全樹種において兵庫県内で最大の幹周を誇る巨樹とされています。

 カツラを見ていていつも印象に残るのが、アンバランスなほど長く伸びる枝。
 幹ではなく、枝で樹高を稼いでしまうのがカツラの常ですが、この藤坂のカツラでも主な枝が長大に伸び、35メートルにも至っていると言います。
 しかし、中央部の枝の一本はどうやら折れた模様。

 足元にそれがそのまま横たわっていました。
 現地の人がチェーンソーで切断するだけしたという感じ。
 こんな長い枝があそこにつながっていたのか……伸ばしすぎたんじゃないか? と驚くばかりです。

 しかし、いくら折れようが次を用意しているというのがカツラの戦法。逞しいです。

 振り仰ぐと、鮮やかな黄緑色の水玉が視界を埋め尽くす。
 ハート型できめの細かい可愛い葉っぱです。

 観察していて、このカツラの葉は少し小ぶりなように感じました。
 何度か見た福島の「剣桂」はもっと大きかったと思います。
 関東平野では水量が足りないのかカツラはほとんどありませんが、季節によって大きく姿が変わる樹種なので、通年通して見てみたいなとも思いました。

 何度も書いてしまいますが、この険しい立地。
 30度くらいはあるんじゃないかという斜面。
 階段やウッドデッキ状の足場を作ってくれていなかったら歩行すら困難です。
 そんなところに、ものすごい踏ん張り方で立ち長大な枝を広げているカツラの巨樹。

 周囲にはその枝張りと同じくらい広範囲に太い根が張っているのがわかります。
 というか……このカツラが押さえていなかったら、この斜面、大雨の日に土石流を巻き起こしそうです。

 カツラより上に石積みをして崩落を防止してありますが、それが作られる何百年も前から、大カツラはずっとここで踏ん張っていたわけです。
 若い樹の頃は危険もあったでしょうが、運にも恵まれ、生き延びたのだと思います。

 この、頭上全てを覆い尽くされる真っ正面からの対峙がやはり一番ですね。
 山の代表であり神の遣いであると言わんばかりに後光を背負う。
 単純な大きさでは「白山の大カツラ」に軍配が上がりますが、ドラマチックさでは明らかにこっちです。

 地元の春日神社では、神事にこの大カツラの枝を切ってきて使うのが習わしとか。
 地元の若い衆が「今年はお前の番じゃ、取ってこい」とか長老に命令されて、ひいひい言いながら斜面を登ってくる様を想像しました。

 そんな時も、「そろそろ来る頃だと思っておったぞ……」とばかり、大カツラは神々しく出迎えてくれるのでしょう。

 周囲にカツラがほぼ無いのはなぜだろうか……ふうむ、たいへんなミステリーに気づいてしまったのである。
 いや、解説版にちゃんと書いてありますね。
 篠山市内に、カツラはわずか2箇所しか存在ない。
 つまり、人為的に植えられたものではないでしょうか。

 神事のためだったか、崖の崩落を止めるためだったか……。
 どちらにせよ、大カツラは両方の役割を立派に果たしてくれています。

「藤坂のカツラ」
 兵庫県丹波篠山市藤坂
 推定樹齢:不明
 樹種:カツラ
 樹高:38メートル
 幹周:13メートル

 県指定天然記念物
 全樹種幹周県第1位

 訪問:2018.5

 探訪メモ:
 獣害が多い地域のようで、あらゆるところにフェンスが張り巡らされています。このカツラへの入り口もフェンスがありますが、開けっぱなしにしなければ入っても良い仕様。
 フェンス近くに停めて歩きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です