巨樹たち

茨城県石岡市「佐久の大杉」

地域に愛され続ける老大杉

 杉は大変に長寿な樹種です。
 茨城で最も秀でた老杉(ろうさん、そういう言葉が正しく存在するのかわかりませんが、時々業界では使われます)はどれだろうか?
 と問う場合、今回取り上げる「佐久の大杉」は絶対に外せない存在です。

 所在である石岡市の鹿島神社に到着するや否や、写真のような胸高鳴る眺めを披露してくれます。
 これは……杉が大きいのか、神社が小さいのか?
 遠近感が完全に破壊される眺めに、まず鳥居の前で三脚を慌ててスタンバイせずにはいられません。

 実は、曲がり角を間違えてしまい、最初は裏手に出てしまいました。
 おかしいなあと思いつつも、最初に目に入ったのはこの姿です。
 大きな鉄塔のような構造物が立っています。
 幹を直接支えてはいませんが、枝を固定しており、これによって安定させているのでしょう。
 他にも幾筋ものワイヤーでの牽引があり、避雷針とアースもつけられている。

 支柱に括り付けられる形で、剥離した表皮部分が展示されていました。
 触れてみると、恐ろしく重く、固く、そして大きい。これがもう一枚あればカヌーくらいなら作れそうです。
 しかし、これは樹皮というレベルの剥離ではありませんね。
 その下の、生きている部分ごと、ごっそりと剥げたことになります。
 大枝がもげたとか……とても痛々しい出来事を想像をしてしまいます。

 そうして正面に回り、鳥居前での眺望に圧倒されて何枚も撮りつつ、その巨体に向けて近づいていきます。

 老杉。
 「佐久の大杉」は、まさにその言葉がぴったりな容貌をさらけ出します。
 いや、老いるというにとどまらず、生きながらに半身はすでに白骨化している。
 質感はさっきの剥離部分と同じで、固く乾いており、生気は感じられません。

 しかし、大きな杉です。
 幹周囲は目通りでほぼ9メートルあり、途方もない年月を生き、樹を超えて巨樹と化した杉特有の風格があります。

 これに近い印象を残すものとしてすぐ思い浮かんだのが、同じ県内の「安良川の爺杉」です。
 あちらも見るからに年老いた杉であり、前に立つと、これは絶対1000年生きてるはずだ……と納得してしまうような、歳月の重みを感じさせます。
 全身のあちこちが朽ち、色あせて壊れ、ワイヤーや避雷針に守られ、命をつないでいる。
 しかし、正直言うと、「安良川の爺杉」の前で感じたのは、管につながれて命の終わりが来るのを待っているだけというような、いわば悲壮感でした。
 もちろんこれは主観でしかなく、もしかすると全く逆の感情を抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが……その時に受けた痛々しい印象が強く、再訪するには至っていません。

 では、この「佐久の大杉」はどうだったか?
 これも、主観でしかないことをお断りしますが……意外なことに、上述のものとは全然違った印象を受け取ったのです。
 資料で見た感じ、けっこう似たような老い方をしていると思ったので、ネガティブに対峙するための心構えはして行ったのです。
 とにかく全身ずたぼろで、1300年も生きてると言われ、「安良川の爺杉」以上に死に体ではないかと思われてしまいそうです。

 しかし、違うのです。
 文が長くなっても、あえて違うと書きたい。

 この杉の前に立っても、ICUで生命維持装置につながれ、明日もわからぬ状態で昏睡しているご老体に対面しているという気にはなりません。
 確かにものすごく老いて、全身傷だらけでありながら、意外でしかないような陽気を発して立っていることに気づくのです。
 なんだこれ……と、予想を覆され、その大きさ以上にびっくりしました。

 植物にも人格みたいなものがあるんじゃないかな……なんてことを思い浮かべます。

 そもそも、いくら大きいからと言って、一本の杉に対してこれほど多くの人が想いを寄せた形跡があるという、そこが不思議なのです。
 日本で一番大きいとか、一番の長老であると認定されているなら、それを守ろうという力が働きますが、この杉は県の天然記念物にすぎず、何の一番でもないのです。

 しかし、巨額が投じられて姿勢を安定させる処置がとられ、読めば周囲を巡る木道に至っては担当した樹木医さんが寄贈(!)したものだと言います。

 どうしてそこまで?
 だからして、この樹が持つ不思議な「人徳」みたいなものがあるのではないかと、そうとしか思えないのです。
 みな、それに魅せられてしまった。
 そして、老いたる杉は、けなげにもその愛情に応え、復活を果たしたのだと……。

 推定樹齢1300年という数値は、この樹の場合、大げさではないと思えます。
 感じられる歳月の重みはよくある杉の巨樹の域を一歩出て、ちょっとあの「石徹白の大杉」と同系統ではないかと思わせるところもあります。
 しかし、あそこまで神様ではない。
 あくまで身近に親しめる存在感のまま、そこまで生き抜いてきてしまった樹という感じがします。

 解説文その1。
 昔からご神木として親しまれ、愛されていたことが書かれています。
 僕自身は裏から入ってきて、正面からのインパクトにやられ……結局最後に解説文を読んだのですが、ほぼ同じ感情を抱くことができました。
 それだけ、言わずして伝えてくるものがあったと思うのです。

 解説文その2。
 神社がこの大杉目当てで建設されたらしい記述がありますね。

 個人的には、こうした解説文が複数あるというのは、ある意味での警告だと思っています。
 触れれば壊れてしまうものの価値を大きく示すことで、気軽に近づくことを阻む。 
 しかしこれも、この杉の場合は違うと感じました。
 書いておきたいことがいっぱいあった、ドラマが色々あって1枚じゃ収まらなかった。
 そんな感じがしました。

 何度も台風や落雷に打たれながら立ち続け、近年、保存会まで結成されて回復処置が施された。
 みな、ただ純粋にこの杉に復活してもらいたい一心で、とにかく本気で取り組んだということなのではないでしょうか。
 調べれば、もちろん観光の紹介でも出て来はしますが、これだけ成果が出ても、あざとく名物化していないところが尊い。
 この樹に会ってしまうと、偉い人の一言であっさり国天の金看板を得て観光客にうじゃうじゃ取り巻かれている巨樹が、さらにかわいそうに思えてきます。

 大杉の陽気に触れたお客さんは、このノートに芳名やメッセージを残していきます。
 周囲に何もないところですが、県外から来ている人も多かった。
 すごかった! がんばれ! とか書いてあるのを読むと、なんだかじんわりと胸が熱くなりそうでした。

 

 

 

 気持ちのいい話はまだあります。

 大杉の根本にはまだ細い杉の若木があります。
 よく見ると名札がついているのですが、どうやら、「佐久の大杉」と書いてある。
 この老杉が、新しく生まれ変わっている姿があるのです。
 たとえこの巨体が崩壊したとしても、ずっとここにあり続けてほしいと願っている人たちがいるということ。

 どこまでも愛されている杉なんだなあと嬉しく思いました。
 また、訪ねに来ると思います。

 「佐久の大杉」
 茨城県石岡市佐久 鹿島神社
 推定樹齢:1300年
 樹種:スギ
 樹高:28.6メートル
 幹周:8.9メートル

 県指定天然記念物

 訪問:2018.12


 探訪メモ:
 すぐ手前に地域の集会場のような場所があり、車1、2台程度なら停めさせてもらえると思います。道は狭いので、地域のご迷惑にならないように。

 雑記:
 周囲も綺麗に清掃され、花壇もあり、とても心地良い空間でした。
 このような巨樹とそれを大切にする心があるということを嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です