巨樹たち

長野県長野市「臥雲の三本杉」

1日で180m移動した巨樹

 長野市の山中、散らばる集落同士を結ぶ道をくねくねと走り抜け、さらに登ったところに、臥雲院というお寺があります。その下方、崖下のようなところに、印象深い杉の巨樹があります。
 「臥雲の三本杉」です。
 写真ような、変わった立ち姿。今回は変わり種の杉に数多く出会う旅です。

 この杉に限らず、お寺や神社にある巨樹を訪ねる時は、もちろんカーナビなどにその施設名を入力すればいいのです。

 実際これは巨樹探訪の最も簡単安穏なパターンであり、ほぼ必ず目的地にたどり着くことができます。
 巨樹がまだ健在であるかは別としても、とりあえず寺社には行き着く。
 しかし今回は、いくら検索しても「臥雲院」が出てきません。こんな知らぬ山中の土地で、これは困った。

 ……結局、推測だか霊感だかに従ってうろついていたら、道端で「←臥雲院」みたいな標識に出くわし、無事到着しましたが。
 到着したらしたで、カーナビにしれっと表示されている。
 これは一体? 調べてみると、「がうんいん」(検索結果0件)だとてっきり思っていた「臥雲院」が「がういん」だった……という事実。これはわかんない。

 おかげで時間がかかり、杉の元にたどり着いたのはもう夕方近くでした。
 その風変わりな杉の樹は、緑をたくさん茂らせて立っていました。
 直立というより、だいぶ斜めに。

 合体樹であることを別に隠そうとしていない、堂々たる佇まい。
 三本杉の名の通り、三本(あるいはもっと?)の幹が横に並んで融合したような姿をしています。
 しかし、不思議なことに……傾いている。
 見方によっては、45度くらいの急角度に見えます。
 もう一度引きの写真に戻って全体を見てもらえるとわかりやすいかも。

 しかし、急角度な主幹とは別に、新しい枝葉は、地球の地磁気を感じ取っているかのように各々が垂直に伸びています。

 おまけに、斜面の開けた方にばかり枝が密集しているので、普通の杉のような格好にはならず、まるで背中にトゲをいっぱい生やした恐竜……もしくは怪獣みたいな姿だな、と思いました。

 なぜ片側にしか枝がないのか? 怪獣の腹側に回って見ると、理由がわかります。
 そして、その眺めはかなりショッキングでもある。
 何か、強烈な力によって引き裂かれたような有様。
 その傷が元で真ん中辺りは白骨化しており、内部は空洞化が進んでいます。
 杉の巨樹にここまでの痛手を負わせるものとは何だろう?

 手がかりは、傷跡の黒い部分……つまり炭化した部分にあります。そう、落雷です。
 どのくらい前かはわかりませんが、直撃した雷に引き裂かれたせいで、こちら側には枝が育たなくなってしまったのでしょう。

 面白いのは、背中側に回り込むと、全然違った姿に変貌するところです。
 こちらから見た三本杉は全くの無傷で逞しく、一本の巨大な杉にすら見えます。
 強烈に傾いているのだけはどうしようもなく、まるで木製の幅広い滑り台のようにも見えます。
 反対側のダメージは深刻なものがあると思いますが、この二面性のおかげで、まだ枝をたくさん茂らせて生き延びていけるということのようです。

 落雷の傷跡はわかっても、この傾きは一体どうしたものか、説明がつきません。
 実は、解説文を読むとその理由がわかるのですが、これがまた奇想天外です。

 ……なんとこの巨樹、元居た場所から移動した経験があるのです。しかも、1日のうちに180メートルも。
 すでにその時には巨大な樹であったため、停止したそのままの角度で固着してしまったということらしく……。

 もちろん杉の樹がノシノシ歩くわけではないので、犯人は地震です。
 1847年にこの地を襲った震災で、もともと崖上にあった大杉が崖ごと滑り落ちてきたのだそうです。

 あまつさえその後雷に打たれるとは、なんてツイてない大杉だろうと同情もしますが、杉自身は変わった格好のまま、健気に生き続けています。
 とんでもないことが起きるもんだな……とは、巨樹自身が一番思っているのではないでしょうか。 

 崖上にある眠月山臥雲院は立派なお寺です。この地域の方々の心の拠り所なのでしょう。 

 寺の方から三本杉を見下ろすと、不思議なことに、近くに生育している杉の木……なぜかみんな二又、三又の木ばかりです。
 苗のうちに意図してこう植えているのか、自然とこういう風に生えてきてしまうのか?
 三本杉の遺伝子を引き継いでいるのではないかと思えてしまう光景です。

 解説文の1847年の地震という記載、どこかで見た記憶があるなと思ったら、「赤岩のトチ」のところで、大トチの下の崖を崩落させた地震と同一でした。
 「善光寺地震」と呼ばれるM7.3の震災で、死者は市内だけでも2400名を超えたそうです。

 重なる災難を乗り越えた三本杉ですが、腹側の空洞化が深刻で、倒壊するのではないかと心配です。
 持ち前のタフさは感じることができますが、なんらか、処置も望みたいところですね。

「臥雲の三本杉」
 長野県長野市中条村 臥雲院
 推定樹齢:600年
 樹種:スギ
 樹高:39メートル
 幹周:8メートル

 市指定天然記念物
 訪問:2017.5

 探訪メモ:
 今一度、「がういん」。
 けっこうクネクネと登った記憶がありますが、お寺は意外なほど大きく、広かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です