巨樹たち

長野県長野市「赤岩のトチ」

長野最大、日本2位の巨大トチ

 南北に長い長野県のほぼ最北に当たる地域、長野市から西の山中、七二会(なにあい)という地区に、全国でも最大規模と言われるトチノキの巨樹があることを知り、尋ねました。
 「赤岩のトチ」です。

 一応は長野市内。字面だけをみればアクセスが良さそうな印象を受けますが、地区は結構な山中にあります。
 のどかな集落を眺めながら、奥に入っていく。
 有名であるらしく、ネットのマップにも表示があり、カーナビよりもこちらの方が役に立ちました。
 近くまで行けば看板など案内表示もありますが、道はどんどん険しくなる。
 細い登り道を脱輪しないかハラハラしながらしばらく走り回ることになりました。

 詳しくはドライブレコーダーの動画でどうぞ(音声なし)。
 対向車とすれ違うことなんてもちろん不可能ですが、全く先が見えず、行った先で車が転回できないかもしれないと思うと、行こうかやめとこうか……しかし、徒歩ではかなりきつい道だと思います。
  登り切ると、幸い2台ほど停められるスペースが作ってあり、そこからは柵に沿って斜面を下っていく散策道になります。

 しかし、その時点でもまだトチの姿は見えない。
 その存在感に期待しながら、良くはない道を下り続けます(足に自信のない方には辛いかもしれません)。
 するとある時、向かう先に、明らかに他とは異なる樹影が……あれだ!
 疑うべくもなし、すぐにわかりました。

 第一印象は、黒い樹だ、というようなもの。
 日の当たり方にもよるでしょうが、他の樹々より明らかに密度感と重量感が高い感じが遠目にも伝わって来るのでしょう。
 圧倒的に太い幹は、複数あるようにも見えます。

 近づく一歩ごとに、その巨大さに心を打たれます。
 幹は二股に分かれていますが、杉にあるような合体木(成長過程で二本が一本になるとか)ではもちろんありません。
 このトチノキ自体、かなり急な崖に生えており、手前側と奥とでは根元のレベルが大きく異なっています。

 二又になっているところに近づいてみる。
 間近まで近づいて観察することができます。
 張ってあるロープは、一応の崖からの転落防止策のようです。

 双方の幹は下方で強固に結びついており、こちらから見えない反対側で一本に合体している模様。
 危険すぎて回り込んで撮れないのが悔しいところですが、幹(根?)はさらに3、4メートル下にまで伸びて崖に食い込んでいます。
 反対側から向かって見ることができれば、驚くべき巨大な一本の樹として確認できることでしょう。

 それにしても、凄まじい重量感、力強さ。
 崖のせいで見るこちらも立つ場所が限られ、寄ろうとすると、崖の実体がないようなところからぴょんと跳んでトチの根の上に立つしかなくなります(滑落注意)。
 踏んだ感じもまるで建造物……いや、それ以上の頑強さを感じます。
 まるで岩山のように、少しも動じる気配がない。この崖も、トチのおかげで崩れずにいるのではないか。
 トチは難しい字では「橡」と書きますが、まさに樹中の象のよう、というか、この巨樹のために存在する字のようだと思えてなりません。

 危なかしくも、なんとかアングルを考えて撮影を試みますが、その巨大さゆえ視界全てがゴツゴツした壁のような樹表で埋まってしまう……。
 これから巨樹撮影を始める方には言っておきたい。
 24mm以下の超広角は、なるべく早く持っておけ。と。
 何度も行けない場所にこそ、はみ出すような巨樹が鎮座しています。

 強烈な存在感の一方で、威圧感や拒絶感、畏怖……要するに、巨大なものへの近寄り難さを感じなかったのが不思議です。
 近くに来たければどんどん近くに寄って来るがいい、しかし来たところでお前に何ができる?
 そう。ここにいるのは、写真すら満足に撮れない自分です。
 こんなとんでもない立地で1300年も生きている巨大な存在に対し、いくら足掻いたところで、その一部を切り撮るのが関の山。
 そんな自分が、すごくちっぽけに感じました。

 5月はじめの気候は、トチの樹の葉の目覚めにはまだ早いのでしょう。
 頭上では広がった枝先に柔らかそうな新しい葉が出てきたばかりといった様子でした。
 こうして春ごと、1300回以上も、新しい葉を生み出してきたのですね。

 そして帰り際。
 足元にたくさん、トチの実の殻が落ちているのに気づきました。
 間違いなく、この巨樹がもたらした山の恵みです。
 この崖で山中を見渡しながら、森の生き物が大好きな実まで提供している。
 それと、全樹種中トップクラスに多いと言われる蜜も。
 すごく大らかで、小さき者にも優しい山の守り神なのです。

 解説文。
 かつてこの樹の下は百坪ほどの平地で、清水が湧き、滝となっているのを1000年以上も前から知られていた。
 西暦1800年台の大地震で崩落したが、トチと清水は残り、永らく村人の暮らしを潤した……。

 幹周12.4メートル、推定樹齢1300年。
 日本第2位、長野県最大のトチノキですが、意外にも長野市指定天然記念物どまり。
 見た感じでは、国天でも全く違和感がないレベルなのに!

 「新・日本名木100選」にも認定。
 1990年からの企画ですが、選ばれた樹の中にも、枯死したり倒壊してしまったものが少なくないようです。
 このトチの枝にも折れたところなどが見られましたが、この後もずっと長生きして、森を見守り続けて欲しいものですね。

「赤岩のトチ」
 長野県長野市七二会
 推定樹齢:1300年
 樹種:トチノキ
 樹高:20メートル
 幹周:12.4メートル

 市指定天然記念物
 新・日本名木100選
 樹種(トチ)幹周全国2位

 訪問:2017.5

 探訪メモ:
 道の感じは動画の通り。
 運転に自信がないという方はご注意を。
 コンパクトカーなら道幅は心配ないですが、上り下りの険しさからは四輪駆動車が欲しい、そんな感じ。
 四駆の軽トラがいいかな。笑
 終点には2台ほど停められます。

徳島県の「桑平のトチノキ」もそうですが、「トチの巨樹=険しい立地」という式が成立しつつあります。
日本1位という「太田のトチノキ」もこれから向かう予定でいますが、これも全く同様。
しかし、苦労を乗り越える価値は必ずある。
トチの巨樹にハズレはないと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です