巨樹たち

徳島県つるぎ町「地蔵森のカゴノキ」

埋れつつあるカゴノキの巨樹

 険しいつるぎ町の尾根から降りてきて、国道(とは時に疑わしい)438号を進んで行くと、ふと道沿いに巨樹を示す看板を発見しました。
 ちょっとばかり感覚がおかしくなっているので、それがどんなものなのか考えるより早く、「見ていきましょう!」と満場一致の可決がくだる。
 路肩に車を寄せ、一段小高くなっているところへ登っていくと、朽ちた雰囲気の中にその樹、「地蔵森のカゴノキ」はありました

 地蔵森という名の通り、お地蔵さんを拝むための場所だったが、人の手がなかなか入らなくなり、徐々に深い「森」の方へ還ろうとしているように見えます。
 かろうじて竹や雑木に埋もれてはいませんが、鬱蒼としていて、たちまち縞のあるでかいが襲撃してきます。

 こちらがその巨樹。樹種はカゴノキです。
 株立ちだということはすぐにわかりますが、かなり大きい。
 日陰になりがちなため幹が湿ったままで、特有のグロテスクさがあり、気楽に近寄れないような迫力を発しています。

 個人的にはこれまでカゴノキの巨樹を見たことがなく、これをきっかけに樹種について調べたのですが、主に関東以西の分布のようです。
 特に瀬戸内には普通に見られるとのこと。
 「かご」というのは「鹿子」のことで、成長に伴って樹皮がはがれた部分がバンビ模様になるから。
 樹のどこかが籠状になるわけでもなく、この樹の何かで籠が作れるわけでもないようですね。
 類縁としてはクスノキに近いようで、言われてみれば柔軟さを感じる樹形が似ているかもしれません。

 この樹の主幹は見ての通り5メートルを超えるほどの大きさですが、老齢のためかすでにその鹿の子模様はよくわからない。
 副幹というかひこばえというか、別の若そうな部分に、鮮やかな模様が見えます。
 (公式な大きさとして幹周9.4メートルとあるそうですが、これはサブの幹も合計した数値です)

 に刺されつつ裏側に回ってみると……凄惨というべきか、かなりすごい有様です。
 苔が生して分解が進み、もはや土に戻りつつあるか……。

 このありさまを、左下の方に写っていますが、打ち捨てられた瓦礫のようなものが、さらに悲壮感を強めてきます。
 これ……実はひとつ前の「白山神社のモミ」のところでも同じようなものがあり、さらに、この後続く巨樹の周囲にもありました。
 こんなところにゴミを捨てていく罰当たりがいるならとんでもないことですが、観察すると、どうも生活で生じた廃棄物を捨てたという感じではないかもしれない。
 巨樹や神仏を祭るにあたり、供物としていたらしい酒瓶や猪口、提灯でも灯していたのか電球(電球はいずれの場所にもありました)など、そのなれの果てが残っているようでした。
 実際、他の方のサイトでこの樹の10年前の写真を見てみると、何やら祭事をしていたような風景も見て取れます。
 過疎で世話を焼く人がいなくなっているということなのか……果たして。

 主幹の方は生気が感じられないくらいに傷みが激しいですが、若いひこばえの方は折れつつもまだ生きそうです。
 カゴノキは材として家具などにも使うようですが、こういう樹形になる樹ですから、あまり量は取れないそうです。いい材は木目の中に星模様が出るとか、滑りがいいので重い木戸の敷居に使うのがいいとか。

 地蔵森の斜面を少し登って観察していると、別のカゴノキがあるのも見つけました。
 こちらもなかなか大きいですが、かなり若く健康そうです。
 幹全体を覆う鹿の子模様がかなりインパクト大。
 この樹だけ迷彩服を着てるかのように見えてきますが、迷彩にしては森の中でくっきり浮いています。都市迷彩なのか?

 再び、巨樹の方に戻って。
 やはり正面から仰ぎ見て圧倒されるのが一番いい姿ですね。
 解説文もなく、いつ頃からこの地にあるのかもわかりませんが、もうだいぶ生きたわ……と、こわばった肉体で息をついているかのように感じました。
 延命地蔵の背後は樹体が塊となって盛り上がっていて、生ける地蔵堂といった風です。

 同行のお二人から、道路からも見えると教えてもらいました。
 運転していて気づきませんでしたが、もしかするとお二人には「何かある」感が伝わったのかも。

 思いがけない出会いでした。
 こういうことがあると、この樹は自分の姿を見ておいて欲しかったのではないか、朽ちて崩壊する前に、物好きたち(我々です)を呼びつけたんじゃないか……などと、都合よく想像してしまいます。
 今後、カゴノキと聞けば、きっとこの樹を思い出すはずです。印象的な出会いでした。

「地蔵森のカゴノキ」
 徳島県つるぎ町一宇河内
 推定樹齢:不明
 樹種:カゴノキ
 樹高:17メートル
 幹周:9.35メートル(株)
    5.15メートル(単)

 町指定天然記念物
 訪問:2019.5

 探訪メモ:
 目印の看板はそこまで目立たないものだったと思います。
 山中と言っていい場所なので、スマホの電波が入らないとも限らない。プリントアウトがリスクヘッジになる土地柄ではあります。

 余談:
 環境省DBで検索したところ、

 株立樹木の総幹周:935cm
 株立樹木の主幹の幹周:515cm

 という掲載がありました。
 全周とすれば一躍全国1、2を争う位置にきますが、単木ではないという扱いの模様。
 ちなみに1位は愛媛県大洲市の「豊重のコガノキ」の9.5メートルとなるようですが、どうも数値ほど大きくはないようです。
(コガノキは誤植でしょう。そのまま登録されてしまったのか……)

<徳島、つるぎ町の巨樹探訪旅の記事もどうぞ>
徳島・高知 四国巨樹探訪旅2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です