巨樹たち

徳島県つるぎ町「葛籠のヒノキ」

徳島最大、秘境郷のヒノキ

 つるぎ町は「巨樹王国」と名乗って数々の巨樹を誇示していますが、数が多い上に道険しい。日程上、取捨選択が必須でした。
 ルートを決め、点と点を結んで行ったわけですが、その過程で、メインの目標ではないながらも加えることができたものもあります。
 この巨樹もそんな一本。
 ちょうど移動のルート上にあったので寄ることにしたわけですが、「つるぎ町らしい」一本だったと思います。
 「葛籠(つづろ)のヒノキ」です。

 大ヒノキ。
 ヒノキと言えば、自然環境にあるよりも木材としての需要が非常に高い……それは日本人ならば誰でも知っていることです。
 ほとんどが巨樹化する前に伐られてしまう運命にある上、ご神木扱いになってもスギやクスほどの大きさにはならない。
 目通り幹周が5、6メートルもあれば立派なもので、7メートル台に踏み込むものは本当に限られてくる印象です。

 この「葛籠のヒノキ」は、幹周囲5メートル。
 ヒノキは少ないのか、この樹が徳島県で最大のヒノキだそうです。 
 スギやクス、イチョウといった大型樹種では「よくある御神木クラスかな」などと失礼な人間が知った口をきいて後回しにしてしまいがちな数値です。
 スペックだけで判断するのは本当によくないことですが、無数にある巨樹全部を見て回るわけにはいかないので、どれを見ようか? と選ぶ際にはどうしても数値がひとつのきっかけになってくる。

 しかし、ヒノキにおいては、ある程度この基準感覚を改めたほうがいいという印象です。
 数値上は小さくても、みっしりした質感とディテールで見せてくれるのがヒノキです。
 この樹も、遠目からでもれっきとした「巨樹」であるという迫力を発していて、周囲の林から浮き出て見える感じがしました。

 ヒノキの巨樹は、形、質感、重量感、生き様みたいなものが、ひとつひとつ、はっきり違う。
 岐阜県下呂市の「坂下の12本ヒノキ」のようなとびきりの異形もあれば、福島県岩瀬郡天栄村の「青龍観世音堂のヒノキ」のような、おおこれはデカいぞ!と実感させるものもある。

 この「葛籠のヒノキ」は、どちらかというと後者のタイプでしょうか。
 樹高はさほど高くありませんが、一本幹で、よくぞこれほどのヒノキが伐られずに生きてきたな、と感心します。

 樹勢は良いようで、枝は縦横無尽に広がっています。特に落雷や風雨で損壊したところもなさそうです。

 いやー、しかし……惜しいのは、巨樹本体に全く近づけないことですね。
 もちろん保護の観点でしょうが、この樹の場合は、立地が急な斜面にあることも原因かと思います。写真撮るのに夢中になったら滑落しそう。
 周囲にはネットフェンスの他、斜面に登れないように前段階での柵も設けてあります。
 巨樹を間近で観察することもできないし、ほぼ1、2か所の定点視点からしか撮れない。
 本当は、斜面にあるがゆえの、大蛇のようにのたうつ根の発達を撮ったりしたかったんですが……とても後から見られるようなものは残せませんでした。
 個性で推すヒノキであるがゆえに、なおさら惜しい。

 ネットフェンスは、深い山の集落にあるがゆえの獣害防止の意味もあるかもしれません。
 とにかく、管理の大変さを推測すると、余計な騒動は防止せねばというところ。同感です。
 なにせ、この地の山深さは相当なものがあります。 
 切り立った山にくっつくようにして4、5軒の家があるだけ、といった感じの場所です……。

 苦戦しつつできるだけ撮った後で、それにしても……と周囲を見渡すと、ほんと、とんでもないところまで来てしまったと感嘆しました。
 もしこの巨樹が無ければ、ここへは一生来ることがなかっただろう。
 そう思えるような土地・風土を味わうことができるのもまた巨樹巡りの醍醐味だと感じます。

「葛籠のヒノキ」
 徳島県つるぎ町一宇葛籠
 推定樹齢:500年
 樹種:ヒノキ
 樹高:24メートル
 幹周:5メートル

 町指定天然記念物
 訪問:2019.5

 探訪メモ:
 「赤羽根大師のエノキ」周辺に比べれば道は走りやすいのですが、蛇行、ヘアピンはそれなりに続きます。
 ヒノキに通じる葛籠集落に車で入ってしまうと、道を塞ぐことになるので、お堂(集会場)からは徒歩で。

 余談:
 せめてもう少し近づければ……と欲張るのが写真撮りの悪い癖です。
 きっと無理して斜面を登っていく人もいたのでしょう。根を踏むとなると巨樹を保護する観点からも良くない。
 代わりに、ではないですが、ここからの周囲の眺望はかなりすごい!
 目の前を通っている道路がとても国道(438号)だとは思えないようなところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です