巨樹たち

埼玉県比企郡ときがわ町「西平のカヤ」

山中に立つ埼玉第2位の大カヤ

 「萩日吉神社の児持杉」の右脇を通る坂道を数百メートル登っていくと、藪の中に誘うような「大カヤ」の看板。

 その道行そのものがトレッキングコースになっているくらいの、なかなかの山道を歩かされますが、結果から言うと、苦労してでも見に行くべき大カヤに出会えました。

 こちらも本来の呼称はただ「カヤ」というだけで、そりゃまあカヤですけど……ということで、先達の方にならうことにします。
 「西平の大カヤ」です。

 この道がまた……トレッキングポールを置いて来たことを後悔。
 ちょっとした雨が降った後で、岩がちな足元がツルツルにスリップします。
 慎重に動かないと、すっ転んで後頭部でも割ったら一発アウト。
 帰りの下りが恐ろしい……。 

 倒木を乗り越え、息を切らせつつ上っていくと、やがてそれらしき影と気配が現れます。
 ああ……あれだ。
 違ってたら、逆におかしい。

 出ました、これが「西平の大カヤ」。
 林の中でも見間違いようもない巨樹特有の雰囲気を発散しています。
 周囲の藪が夏を前にどんどん濃くなっていますが、カヤの周囲だけは手入れをされているようで、ほぼ一周して歩くことができます。
 ありがたく近づいて眺めさせてもらいます。

 樹齢1000年と言われる通り、大きさもさることながら、ウロや枝が折れた跡など、長い一生の記憶を身に刻みつけているかのような姿。かなりの迫力です。

 雨で湿って黒くなった樹皮が少し不気味にも見えます。
 老樹だけあって、どっさり緑の葉をつけているというよりは、着生植物とともに静かに息づいていると言った感じ。
 しかし、折れた箇所や古くなった枝から無数の芽を出している様子は、まだまだ朽ち果てはしない生命力を見せつけているかのようです。

 幹周は6.6メートルとのこと。
 カヤの巨樹としてはなかなかの大きさです。
 国指定天然記念物の「与野の大カヤ」という幹周7.3メートルの大カヤに次ぐ、埼玉県ナンバー2のカヤということになります(こちらは県指定天然記念物)。
 傾斜地に生えていることもあって、実際に根幹部から受ける印象には、もっとずっと大きくないか? と唸らされます。

 カヤといえば、その実が食用になることで、飢饉の際などに人々を救う逸話が数多く残されています。お寺に多く植えられているのも、いわば生ける緊急食糧庫としての意味がある。
 一方で、この大カヤからは「野生の樹」という感じを強く受けますが、昔の人がここまで実を拾いに来ていた可能性はあるかも知れません。
 また、今回確認はできませんでしたが、「雌雄どちらなのか?」という点もありますね。

 樹高が高くない代わりに、枝張りが広い。
 下り斜面を軒のように覆う長大な腕を伸ばし、周囲の若い針葉樹たちを牽制しているかのようです。

 足元にある解説碑文には、東西南北ともに25メートル以上という立派な数値が書かれていますが、現在では斜面上方向の枝が失われています。
 もっとも、この碑文がもう40年以上も前のものなので、仕方ないことかも。

 枝張りが大きい巨樹が片側を失うと、それ自体立っていられなくなることも多い。
 長さの割に枝が細いことが幸いということもあるでしょうが、現在でも大きくバランスを崩さずに生きているのはさすがだと思いました。

 解説文。クリックで拡大します。
 ここにある「都幾山 慈光寺」とは、ときがわ町に現存するお寺で、1300年の歴史がある古刹だそうです。
 このお寺の周辺に「七井、七石、七木」とされるものがあり、この大カヤがその七木のひとつとのこと。
 慈光寺のサイトに以下の説明を見つけました。

 「都幾川慈光寺実録」には、慈光七木として「立ち返り柳」「椎樫」「五葉の松」「大栢」「八重の桜」「一本樅」「天狗杉」の名称が記されております。
 これらのうち「大栢」は、萩日吉神社の南東にある、県指定天然記念物の「大カヤ」であると推定されています。しかしその他の七木の所在と由来は、残念ながら分かっておりません。

 ……とのこと。
 近くにあるのに「萩日吉神社の児持杉」が入っていないのは、やはりあれは鳥居の中にあって、神社のものだからということなのでしょうか。
 大カヤがこれだけ立派だと、他の樹も気になってソワソワしてきます。
 ときがわ町の深い森林の中、どこかに現存しているのか、いないのか……。長い歴史に埋もれたミステリーを感じました。

 老いたるカヤにお礼を言って、またソロソロと危ない道を戻って行きました。

「西平のカヤ」
 埼玉県比企郡ときがわ町西平
 推定樹齢:1000年
 樹種:カヤ
 樹高:16メートル
 幹周:6.6メートル

 県指定天然記念物

 訪問:2018.6

 探訪メモ:
 足下が悪く、怪我防止のためにもトレッキングシューズ、ポールなどを用意した方が良いと思います。
 藪の深さから言えば、季節によってはヒルが出てもおかしくない。ご注意を。

 余談:
 装備は揃えて車に積むものの、目標周辺がどんな具合かわからないために持って降りるのを忘れる……。
 「巨樹探訪あるある」ですね。
 実際邪魔に思うこともありますが、山中での怪我を防ぐためにも必ず持っていくというルールを作ろうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です