巨樹たち

埼玉県比企郡ときがわ町「越沢稲荷の大スギ」

猫のバスが停まる?稲荷の大杉

 ときがわ町巨樹探訪三番手は、杉です。
 「椚平(くぬぎだいら)体験交流館」という公民館+食堂みたいな施設から数百メートル歩くと、山道の行く手に立ちふさがるような大きな杉に出会うことができます。
 これが「越沢稲荷の大スギ」です。

 実際に立ちふさがっているわけではなく、横をちゃんと通れるようです。どこへ続いている道なのでしょうか……。

 それより手前には、バス停があります。
 ……ん? バス停?
 車が入って来れなかった山道なのに、バス停? 他に抜け道があるとか?

 ……と、よくよく見てみると、なんだこりゃ、山猫電鉄?
 どうやらご当地が観光の方のために用意した演出のようです。
 なんというか? トットロ? 的な?笑
 ご丁寧にちょっとした机や椅子まで置いてあって、待っていたら夕暮れに猫バスが停まってくれそうです。

 オカリナふいてる〜、というのはいいとして笑、これがその大杉本体の姿です。
 山道にずいっと身を乗り出すようにして生育する、幹周6メートル超えの杉。
 普通に通ろうとしても肩が触れるような距離で仰ぎ見ることになるため、一層立派に見えます。
 姿形的には、これはもう疑いようもないストレートな杉、表杉のテンプレートのような綺麗な立ち姿ですね。

 気配がして左を振り向けば、由来となっている小さなお稲荷さんがあります。

 正直、前述のバス停なんかはわざとらしくて鼻につく気もするのですが、現地で実際に大杉とお稲荷さんとを見て、周囲の雰囲気を実感してみると、なんとなくこういう愉快なことをしてみたくなる気持ちもわかるように思いました。

 古いお稲荷さんが発する暗くて神秘的な空気と、まだ若くてどんどん育つ気を感じさせる巨樹の生気が、程よいコントラストとなっているんですね。
 そこが、トトロの映画の中に描かれていた世界観ともマッチしていると見えるのでしょう。
 ちょっと怖いけど、実際は悪いもんじゃないんだよ、というような。
 確かに、まだ小さかった頃にはこういう陰陽の対比にはとても敏感で、どこででも、何度でも、それを感じたように思います。

 暖かさを感じる樹皮に触れながら考えてみるに、この場の雰囲気が成り立つためには、巨樹が放つ陽の気がいくらか勝っていないといけない。
 暗さが勝ってしまうようでは、そっちに引っ張られてしまいます。

 この樹の活き活きとした感じは鮮烈な印象を残してくれます。
 幹はまっすぐ、葉は青く、枝が折れた様子もない。
 樹皮は厚く美しく、キラキラと樹脂の粒を浮かべている。
 これまで見た中でも有数の健康で美しい杉の巨樹でした。

 表杉の代表的な、と書きましたが、見上げてみると、大枝には少し野生が垣間見られるところもある。
 横に伸びてから垂直に立ち上がっていたり、植林される杉の範疇からは、やはり大きく飛び出しているように見える。
 ある一線を超えて樹は巨樹となる。
 そう語っているかのようです。

 長大な枝を地面すれすれにまで伸ばしているところも特徴的です。
 枝を切らず、また折られずに長年生きてきたことを物語っていると思います。
 葉がすごく濃いので、下に入ると、傘の下のようにかなり薄暗く感じます。
 それがまたお稲荷さんに対する空気作りになる。
 小さいお稲荷さんなのに、立派な御神木を抱いておられるのですね。

 解説文。クリックで拡大します。
 ごく一般的な杉の樹種の解説になっていますが、まあ、杉のお手本のような樹ですから、良いと思います。
 計測から15年以上経っているので、今ではもう少し大きいかも。

 ここのお稲荷さんのいわれについては……よくわからないのかもしれない。
 あそこに、小さなお稲荷さんと大きな杉があって……と、その印象だけが地元の人たちに記憶されてゆくのでしょう。

「越沢稲荷の大スギ」
 埼玉県比企郡ときがわ町椚平
 推定樹齢:400年
 樹種:スギ
 樹高:25メートル
 幹周:6.2メートル

 県指定天然記念物

 訪問:2018.6

 探訪メモ:
 スギまでの道は車では入れません。
 オフロードバイクが我が物顔で走っていましたが、こちらは近くの「椚平(くぬぎだいら)体験交流館」に車を停めさせてもらい、徒歩で向かいました。
 この先どうなってるんだろう? と思うような山の小径が続き、雰囲気豊かです。

 余談:
 この日は時間が遅く、すでに営業終了していたのがかなり残念でしたが、「椚平体験交流館」では、この地特有の「ひもかわうどん」が食べられます。
 実際周囲で食事できるところもそう無いですし、食べてみたかったです……。
 ぜひチェックを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です