巨樹たち

奈良県宇陀市「高井の千本杉」

驚異の16本合体杉

 奈良市から東を向いて山中をくねくねと走り、その巨樹のもとに辿り着きました。
 太平洋岸の平野の民にとっては、まるで始終緑の洞窟を走っているかのようで、方角もよくわかりません。
 その濃い緑の中に隠れるようにして、在りました。「高井の千本杉」です。

 全国的に有名な巨樹のひとつ。
 実際、そのあまりに突飛な特徴から資料本でも特に目を惹かれた存在でした。

 車道からはその姿は判然としませんでしたが、取り巻くように細い遊歩道が作られており、やがてその姿が明らかになります。

 「千本杉」という固有名称ですが……さて、我々は杉並木を見に来た訳ではないのです。
 とすれば、○本杉という、例の合体杉のバリエーションだとすぐわかる。
 生命力が強く、柔軟で長命。
 スギはしばしばその成長の過程で隣にある樹を巻き込み、一体化しつつさらに巨大化していきます。

 一方で、「巨樹」という存在はあくまで個体として見るもの。
 それゆえ、合体杉というものは軽んじられる傾向があります。
 幹周囲13メートル! と声高に言ったところで、それが何本も束になったものだとすると、環境庁などのランキングからも番外とされてしまう。
 個人ではなく団体や群衆のように扱われ、有り難がられないわけです。 

 この旅の終盤に訪れることになる岐阜県の「坂下の十二本ヒノキ」などもそうで、ズンと聳える単幹巨樹の影に隠れがち。
 そんなこと言ったら、かの縄文杉も合体樹だという説もあるらしいですが……。
 ともあれ、何事も実物を見て判断したいものです。

 ……嘘だろ。
 思わずそう口を突いて出る光景が待っていました。
 大小16本もの幹が合体し、目通り高さでの計測では、幹周25メートルを誇るという。
 間近で見ると、その根本の太さはかなり衝撃的です。

 な、何なんだこの樹は……。
 思わずため息が出ます。    
 簡単には数えきれないほどのスギの幹の束が、ありえないほどきつく根元で結束している。こんな光景は見たことがない。

 カツラの巨樹などはひこばえがたくさん束になって驚異的な幹周数値を叩き出すことがありますが、岩手県の「稲荷神社の千本桂」のように広範囲にバラけ、ゾーン化してしまう傾向もあります。
 この「高井の千本杉」にはそのようなあやふやさは全くない。
 横並び一列などでもなく、ちゃんと樹形をなしているのがすごい。すごい以上に、異様だ。

クリックで拡大

 なぜ、こんな異様な状態になってしまったのか? ……その謎を解くカギが解説文にあります。

 かつてここには井戸があり、その周りに植えた杉たちが育つにつれ合体したものだそう。
 古来より、杉の水を集める力を利用した井戸を作る風習がある。これは、巨樹を巡っていると度々出会う記述ではあります。
 その作用からか、現地には今でも清水が湧いているのが確認できます。
 その霊験によって「千杉(ちさん)白龍大神」という神様として祀られているともあります。

 神秘的な中にも、ひとつだけ確かなのは、井戸の周りに杉を植えた人がとにかく「植えまくった」のだという事実。
 日照りのあまり死ぬ思いをしながら、「スギの苗を植えなきゃ!」 なんて悠長なことは言ってられないから、「霊泉が涸れないように」か、お礼参りのつもりで植えていったものなのかもしれません。

 ……いや、それにしたって、スギの太さを考えれば、一度に何本も植え足した人がいるみたいですね。笑
 どうやら、もともとあった群れに、200年ほどしてから足したようですけれども。

 何にせよ。
 現代の我々としてみれば、植樹した数百年前の方々が見ること叶わなかったこの驚異のビジュアルに、つまりその結果に、精一杯驚くしかできることはありません。

 十六本の幹がそれぞれ、かなりの樹高で聳え、立地の狭さや足場の悪さもあって、カメラのフレームに収まらないほど。
 この時持っていなかった超広角レンズがあればな……と、今、写真を見て思います。
 実に刺激的な巨樹です。

「高井の千本杉」
 奈良県宇陀市榛原高井 千杉白龍大神社  
 推定樹齢:600年
 樹種:スギ
 樹高:45メートル
 幹周:25メートル(合算)

 県指定天然記念物
 訪問:2017.10

探訪メモ:
 直近に駐車場はなかったように記憶しています。
 坂道が続き、冬季に凍結すると怖そうな印象も受けました。
 地図を見ると、周囲には史跡も数多いようで、深めの歴史探訪が楽しめそうな地域とお見受けしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です