巨樹たち

山形県西村山郡「松保の大スギ」

東北最強クラスの野獣系巨杉

 一大イベントの徳島・高知探訪旅もさることながら、2019年の巨樹探訪においてひときわ衝撃的だったのが、山形県大江町山中の「松保の大スギ」探訪でした。

 仙台から片道2時間半。
 大江町は、山形県のほぼ真ん中、寒河江市の西側に位置する町で、ほぼ全てが山地です。
 貫く県道27号から枝分かれする道はすぐに狭小になり、その先はほぼ林道直結。

 この杉へと至る道も、県道から入って即・すれ違えない道。少し行けば未舗林道。そこを8キロ走ります。
 序盤はともかく、後半の荒れ具合はなかなかのもので、訪問者は度胸を試されます。

 詳しい道順と、全ての林道走破行程をドライブレコーダー動画にしましたので、ぜひ見てみてください。
 長い! 淡々!

 途中の分岐や道の難度の把握(走破可能かどうか)などに役立てば嬉しいです。

 30分にも及ぶ林道ドライブの末に現れる大杉は、見誤りようもない。
 巨大な姿が見えた瞬間、かなりの達成感が押し寄せてきました。

 有名な樹ではあるので、調べれば写真やデータは出てくる。
 大きさの想像はできていましたが、自分の視界に実物を捉えると、その規模の大きさに度肝を抜かれます。
 比較対象がそばに無いにも関わらず大きさや迫力が伝わってくる。
 この感じは、あるレベルを超えた巨樹のみが持つものであろうと思います。
 来たな……そう身構える感じ。

 こんもりとした緑の茂りの間から幹が覗いた瞬間の衝撃は忘れられません。
 ズームしてみれば隣のお堂との比較ができるわけですが……でかい! を通り越して、なんだあれ!? とわけがわからなくなります。
 正直、ブルっときました。

 近づくにつれ、背筋がゾワゾワ、あっという間に樹冠の薄暗い影に飲み込まれます。
 根元にはカヤが茂っていたり、大きなジョロウグモがピアノ線みたいな糸を張っていたりしますが、負けずに突進。

 巨大な幹は覆い隠しようもありません。しばらく呆然。
 気を静めるためにも「山の神神社」にお詣りしておきましょう。
 ボックスには芳名帳が入っています。険しいところですが、各地の方々が訪ねられておりました。

 改めて「松保の大スギ」の幹姿!

 もう、最初からヒューマンスケール。
 あまりにも大きすぎ、まるで壁のようで、それだけ撮っても何が何だか伝わりませんよ、これ。

 間近まで近づくと、文字通り視界が全て杉で埋まってしまう。
 それ以前に、立ちはだかる物体の単純な大きさとして、怖さを感じるくらいの圧力があります。

 いやほんと、すさまじくデカい!
 四国同様、20mの長尺をリュックに入れて行ったのですが、こんなもの、ひとりで測れるわけがない!
 自分のおこがましさを思い知りました……。

 「板状に横にだけ広い」とか「複数の幹が変な形に合体」とか、そういうトリックなしにただただ太い幹。
 色つやがよく、樹皮には若々しさすら感じる赤みがあります。

 しかし、きれいな姿の杉ではない。
 全体樹高は高いですが、幹の形状は独特。主幹は地上10メートルほどしかないと思います。
 そこまで恐ろしく太かった幹が、一気に無数の大枝になってバラけ、伸びあがっていく感じです。

 雪の重みで折れてからが本領発揮の裏杉の特徴そのもの。 
 折れる数以上の枝を出し、生きれば生きるほど凄みのある姿に変貌していくのです。

 大枝は、イチョウに見られるような気根まで育み、上空を目指すと同時に地面をも目指そうとしています。

 ぐるぐる巡りながら、異様な枝のディテールを見上げる。
 見えるでしょうか……数メートル上で、接触した枝が別の枝に連理(癒着)しています。
 こうした荒業を駆使して、今現在もどんどん太くなろうとしています。
 三脚を据えなおそうとして足元を見れば、点々とヤニが落ちている……。

 横に伸びた大枝から無数の幹が垂直に伸びる。
 と同時、下方に向けても枝を伸ばしているのがわかると思います。
 天地を同時に攻める、この野心、貪欲さ。
 初見で感じた怖さに近い圧力は、こうした巨大な裏杉が放つ独特のものなのでしょう。
 植物を見ているという気がしない。巨樹というより獰猛な「巨獣」と呼びたいくらいです。

 正面から撮る時どうしても邪魔になる別の杉がある……。
 なんて思っていましたが、全体を把握してから考えれば、これ、この大杉の別の幹ですね。

 根元に茂っている若い緑も同様。
 典型的な伏条更新(枝が地面に触れると、そこから根が出てクローンを作ることが可能)です。
 同じ山形の巨杉「高沢の開山スギ」でも同じシチュエーションに出会いました。

 こうした貪欲な生存戦略を見せつけられると、太平洋側のお上品な表杉とはまるで別種の生き物のように感じます。

 気根や下方向への枝張りは、折れて本望の倒木更新すら視野に入れているのではないか。
 ただ、もし枝ひとつでも折れれば、一撃でお社を破壊するでしょうが……。

 これまでいろんな巨樹、たくさんの杉を見ましたが、まだこんな樹がある。胸躍らせてくれる事実です。

 実測は尻尾を巻いて逃げたわけですが、ひとつ明らかなのは、10メートル台という公式幹周はかなり過小です。
 県天然記念物指定が昭和28年というから、その時の数値じゃないのか??

 帰ってから調べてみると、巨樹写真家の高橋弘さんが実測された際には、12.1メートル(!)という数値を叩きだしている。単幹形状の杉で12メートル超え! と絶句。
 が、いやいや待ってくださいよ、と、自分の目で見てきた者は食い下がります。
 本当にそれくらい? 12メートルで収まるの、これ?
 そして、その計測記録を見れば、それさえ03年時点となっているではありませんか。

 解説文。
 高橋氏の計測からも16年が経ち、この勢いで、どれだけスケールアップしているか。
 現在、幹周13メートルを超えていたとしても、押しつぶされそうになった自分としては、一切疑いません。

 単純に「この杉は絶対見てもらいたい!」 という一心で、ご同胞の方との再訪をぜひ固めたいと思いました。
 ご同胞の方々は関西にお住まいですがね。山形のウマいお肉とお酒で釣ろうかな!笑

 

 1時間半以上、ゾワゾワしっぱなしで撮り続けました。
 自然豊かで、ハチに追尾されたり、足元に……うわっ、この茶色いおしゃれな柄はマムシだ! と思ったら、アオダイショウの若いやつだったり(若いアオダイショウはマムシに柄を似せて身を守っている)。

 ボコボコの林道も、行きの下りと帰りの登りでは勝手が違うはず、いくらかファイトを残しておかねばと思ったり。色々と刺激が強い。
 ですが、本当に素晴らしいものを見させていただいた。
 これが待っているとわかれば、険しい道も、また走りたいと言ってしまえるくらいです!

 改めて、遠景でもすごい迫力。
 すぐ近くに田んぼがあり、ここまで通われている方がいるのも驚きです。

 数十年前には松保の集落というものもあったようですが、今では住まわれている方はいないようです。
 もちろん過度な水分は植物体に良くないでしょうが、そこは大裏杉。
 田んぼの水や養分まで吸い取っているかもしれません。

 最後に、遠景でのヒューマンスケールも撮りました。
 ←左のモノクロ写真をクリックすると、カラー版を表示します。
 ぜひ見てみてください。

「松保の大スギ」
 山形県西村山郡大江町松保
 推定樹齢:1100年
 樹種:スギ
 樹高:30メートル
 幹周:12.1メートル

 県指定天然記念物
 訪問:2019.9

 探訪メモ:
 未舗装で狭く、勾配もあり、路肩が崖、荒れていて、8キロもある林道!
 四輪駆動車をおすすめします。オフロードバイクならもっと楽でしょう。
 運転に不安のある方や、雨天や冬季の訪問はやめておいた方が良さそうです!

山形県の北部へ向かう際、「チェリラン(道の駅 寒河江チェリーランド)」に寄る癖がついてしまいました。
おみやげ盛り沢山、日本人みたいにせっせと働くトルコのおじさんが作るケバブがうまい。
さくらんぼ原産地のトルコ共和国ギレスン市と寒河江市は姉妹都市なんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です