巨樹たち

福岡県糟屋郡「衣掛の森」

大樟なり、目通り七十七尺

 宇美八幡宮にあるもうひとつの巨大クスが、この「衣掛(きぬかけ)の森」
 「湯蓋の森」から見て神社の奥に位置しています。こちらも大きい!
 御神木として保護されているのはもちろんのこと、国指定天然記念物です。



大樟なり目通り七十七尺(25.4メートル)

 (「湯蓋の森」の文より続く)
 ……又、産衣を掛けたるを衣掛の森と云う

 応神天皇が産湯をつかった時、衣をかけたのがこのクスだというわけです。
 ここに衣をかけて、湯蓋の森で産湯につかったと……。
 実際は「衣掛の森」から「湯蓋の森」までは数十メートルの距離があるのですが、そこはちょっと神話スケール。

 目通りでの計測ということは、地上1.5メートル~それより少し高い位置となるでしょうか。
 巨樹計測の公式レギュレーションとしては「地上1.3メートル」での計測と決められていますので、計測点に違いがあると幹周囲の数字も変わります。
 この樹の場合、ごらんの通り、少し高い位置でグワッと太くなっている。
 位置を変えればそれこそ神話級の幹周を叩き出せてしまうでしょう。

 一応、省庁の計測だと幹周20メートルとのことになっています。
 え、これ、20メートルで収まる!?




 裏手へ回ると、巨大な幹が日を遮り、ちょっと暗さを感じるほどです。

 幹は地上から2メートルくらいのところで分岐しており、細い方の幹は明らかに若い。
 太い方の幹が空洞化したり裂けたりしているのを補うかのように、勢いよく天を目指しています。
 おそらくはひこばえが巨樹レベルに成長したものでしょう。

 しかし、やはり圧倒的なのは古い方の主幹です。
 この堂々とした存在感。
 これほどまでに太いまま立ち上がるというのは、この地がそれほど肥沃だったからなのか……あるいは本当に霊力がある土地なのかもしれない。
 この威容にはそう実感させられます。
 「森」とよばれる一樹。まさに巨樹。

 生命力の巨大な塊のような巨樹の前で何組ものご家族が手を合わせ、記念撮影をしていきます。
 湯蓋の森と同様こちらも大人気、もちろん両方巡るのがお決まりのコース。
 新たな誕生を祝う姿も複数見られ、こちらまで笑顔になれました。
 うーん、どう考えてもここは強力なパワースポット。

「衣掛の森」
 福岡県糟屋郡宇美町 宇美八幡宮
 樹齢:400〜500年以上?
 樹種:クスノキ
 樹高:20メートル
 幹周:20メートル

 国指定天然記念物
 訪問:2017.9

探訪メモ:
 本当に気持ちの良い神社です。
 石を借りていって、お子さんを授かったらその名前を書いて返す(だったかな?)というような願掛けも興味深かったです。

 素通りしようもありませんが、もう一本の国天巨樹「湯葢の森」もお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。