巨樹たち

千葉県山武市「長光寺のしだれ桜」

頭上を覆い尽くす「姥彼岸枝垂れ桜」

 山武市といえば、千葉県の内陸部に位置しており、土壌がよく肥えていてたくましい作物が盛りだくさんの土地柄です。走っていると、黒い土の農地がよく目につきます。

 長光寺は広々とした敷地を持つ、このあたりではおそらく最も大きな日蓮宗のお寺。

 ここに一本の巨樹としても特筆すべき桜があり、数年、時期になると通っています。

 門をくぐってまっすぐ参道を進む。この山道にも大きな杉並木が続き、映画のロケで使えそうな雰囲気が立ち込めています。

 隠しようもなく、本堂前にそびえているのがシダレザクラの巨樹。
 奥に見えるは、こちらも立派な、二世樹です。
 根元から長大な大枝を伸ばした姿が驚異的であり、優雅でもあり、目を引き付けて離しません。

 幹周は約5メートルとのこと。
 桜としてはもちろんかなりの巨体ですが、枝張りの広大さは、その幹からしてもアンバランスに思えるほど。
 枝張り面積は800平方メートル(242坪)を超えるとのことです。
 これを支えているのだから、根はものすごい張り方をしているのでしょう。
 ひょっとすると、建物の下もみんな根かもしれません。

 通称「ウバヒガンザクラ」とのことですが、一般に「エドヒガン」と呼ばれる桜と同種のようです。
 ここは江戸じゃないのに、江戸に気を遣う必要も無え! という気概の表れだとか、「葉(歯)が花(鼻)より先に出る」ヤマザクラに対して、「葉(歯)無し」でウバヒガン……などというひねった解釈も。

 現在よく見る園芸種のソメイヨシノよりもはるかに長い寿命を誇り、巨樹化している桜の大多数がヤマザクラとエドヒガンです。

 桜色が濃い花は、どこか煙ったような春の光の中で撮っても綺麗に見えます。

 正確にはやはり満開よりも1、2日過ぎたというタイミングだったでしょうが、子孫の加勢もあって、見応え十分でした。
 2号樹たちも昭和40年植樹とのことなので、樹齢50年も経つ立派なものです。
 本体に比べれば、やはり花のつきが良い。

 周囲を巡って鑑賞することができます。
 桜の巨樹と言えば、もちろん咲いている時期に訪問したいものですが、苔むした太い幹は、単純に巨樹として見てもかなりの貫禄。

 しだれの無数の枝の下に入って見上げていると、まるで広大高密度な宇宙を観じているかのようです。
 仏教の寺院にぴったり……というか、それが育んできた桜だからこそ、という方が正しいでしょうか。

 横に広がる樹形のため、強風の影響を受けやすいことは予想されます。
 大枝が折れてしまったことも書いてありますが、大切にされていることで状態は悪くないように感じます。

 若い頃は東京でソメイヨシノでにぎやかに花見をしたものですが、今となっては、こうした巨樹の一本桜をじっくり時間をかけて眺める方が性に合っているように感じました。

2017年訪問時

 巨大な山桜である「吉高の大桜」は、いまだ一分咲きというところでしたが、同日の訪問(2017年)だったのに、こちらはすでに散ってしまっていました。
 桜を撮るというのは、本当に難しいなと思い知ります……。

「長光寺のしだれ桜」
千葉県山武市埴谷 長光寺
樹齢:300年
樹種:エドヒガンザクラ
樹高:15メートル
幹周:5メートル

市指定天然記念物

2017.4、2018.3末 訪問


 探訪メモ:
 お寺の広い駐車場をお借りすることができます。少ないですが、屋台や野菜を売る露天なども出ていました。
 巨樹ではありませんが、近隣の妙宣寺も桜の名所。

 余談:
 桜は本当に難しい。
 2017年は雨で早々と散った後。2018年は地元の方の生中継?を聞いて走って行き、ちょうど満開の頃合いでしたが、この次の日に春の台風。一夜にしてほとんど全てが散ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です