巨樹たち

千葉県印西市「吉高の大桜」

一樹で桜祭を催す大山桜

 千葉県印西市は、都心への利便性も高い一方で利根川沿いの自然環境も持ち合わせ、住みやすさランキングで連続首位をとったという、若い世代にも注目度の高い街です。
 中心部は相当高度に開発されていますが、周辺部はのどかな田園風景が続きます。

 そこに、全国を視野に入れても名が挙がるほどの立派な山桜があると知り、雨の中でしたが、訪ねに行くことにしました。
 (2017年の探訪記です)

 桜は丘陵の上の集落にあり、カーナビに案内させることもできたものの、かなり細い道を登っていかねばなりません。
 前述のように地元ではとても有名な樹であり、開花時期には混雑を避けるために交通整理体制が敷かれます。

 丘陵の上の集落はどこも道が狭くてすれ違いもできないし、ましてや停めるところもない。
 近所の人が急ごしらえで作ってくれたらしき「P」がありましたが、畑を均したっぽい地面、この雨ですごいことに。笑

 迷惑ではなかろうと思われる離れた場所に停めて歩いていくと、確かに集落内の道路は通行止めにしてあって、「通行証」を掲示した軽トラがパトロールしています。
 ガードマンのおじさんが合羽着て立っています。

 もちろん地元の方々の善意があるから訪問できるわけですが、この時期はどうしても窮屈です。

 しかし、結果としては、迷いを振り切って力押しで見に行った甲斐のある、すごい桜だったと思います。

 本降りの雨の中、車を降り、数百メートルの坂道を歩いて桜の樹まで至ります。
 枝ぶりの規模を見た途端、おおっと声をあげるようなスケール感。

 樹は個人所有となっていて、畑の中にありますが、周囲は丁寧に整備されています。
 少し小高い築山のようなところに育っていて、周囲の囲いを咲き乱れる菜の花畑がガード、さらにその外側の広範囲に渡って柔らかなウッドチップが敷き詰められています。
 どれだけ大切に思われているかが伺えますね。

 そして、これが正面から対峙した「吉高の大桜」の姿。
 圧倒されるような桜の巨樹です。
 山桜ということもあってか、ソメイヨシノよりも野生の逞しさがにじみ出ているかのようです。

 しかし、残念ながら花は満開とはいかず。
 ソメイヨシノの満開宣言は出たものの、山桜は若干時期が遅くなるようです。

 警備体制を敷いていたガードマンさんが話しかけてきてくれて、
「これを何分咲きかって訊かれてもねえ……正直困っちゃったよ」
 なんてこぼしてましたが。
 一部咲きくらいかな……。

 

 とは言え、ひとたび満開になると、2、3日しか保たないそうで。
 山桜なので、花と同時に葉が出てくるということもあります。


 仕事の休みで考えていたらもちろんタイミングは合いません。
 満開を撮ろうと思ったら、こりゃあキャンプしかないかな、なんて。
 でも、最大幅24メートルというこの枝のスケール感からして、満開になったとすれば、さぞものすごいことになるに違いありません。
 会社休んででも密着して撮る価値がありそう……写真撮りとしての熱意が試されそうな題材です。

 ガードマンのおじさんは、雨の中見に来たこちらを不憫に思ったのか、自分のもののように「ごめんね」なんて言ってくれました。
 確かに傘は風とカメラのために役に立たず、ズボンはずぶ濡れでした。
 でも安心してください、こちらとしては巨樹として見に来ているんで、全然平気です!
 このすごい幹を見れば、これだけで訪ねて来た苦労が報われるというものではないですか。
 (……そう説明したら、「そうなの、ではごゆっくり」と言ってました)

 大事にされている成果なのか、とても健やかそうな樹です。
 枝の欠損などもなさそうで、のびのび、広大な範囲に枝を広げていました。

 解説文(クリックで拡大)。
 根周りで数値を出していますが、巨樹の先輩諸氏がおっしゃるように、この樹の根周りと幹周りの大きさはほぼ同じなので、幹周6メートルほどはあると見て良いでしょう。

 この記事をまとめている今頃、満開なのかな……と思うとそわそわするようですが、咲けばきっと大人気で、時間をかけて撮ることはできないかもしれません。
 しかしいずれは満開を撮りに行かねばと思う桜です。

「吉高の大桜」
千葉県印西市吉高
樹齢:300年
樹種:ヤマザクラ
樹高:11.7メートル
幹周:6メートル

市指定天然記念物

2017.4.15 訪問

 探訪メモ:
 集落内はかなり狭く、開花時期には混雑すると思います。
 ガードマンさんの話によれば、桜祭が設定した駐車場は2キロほど離れた学校?らしいので、花見時には公共交通+徒歩を前提で。

 周囲の声など:
 この年(2017年)、山桜は一分咲きだったのに、江戸彼岸はもう散ってしまっていました。
 桜祭の主催側も読みを外してしまったようです。桜はシビアです……。
 後日、地元の方から、吉高の山桜の写真がプリントされたメモ帳をいただきました。
 祭ではこういったグッズ販売もしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です