巨樹たち

山形県最上郡「小杉の大杉」

トトロの木

 山形県の北部には珍しい(失礼)観光名所に行ってきました。
 鮭川村は最上でも屈指の清流・鮭川と林業で有名で、探訪時(10月末)でも曇ればもう9℃まで下がる寒い土地です。

 こんな土地に観光名所? それも巨樹がらみという。
 特に勿体ぶる気もありません。
 山形県最上郡鮭川村「小杉の大杉」は、あの有名キャラクターに似ているゆえに、全国的な知名度を誇る巨樹です。

 世界のハヤオ・ミヤザーキの公認を得ているかどうかは不明ですが、大杉へと入る農道入口にはこのような看板がいくつも設置されています。
 (そのものズバリで言ってるじゃないか……)
 などと思いながら、すれ違い不可能な細道に進入します。
 ミラーにおばあちゃんが写っていますが、この方がちょうど両側田んぼに落っこちるカーブで、こっちに道を譲ろうとして手押し車に腰掛けてしまい……いやちょっとそれ激狭……ああ、車の脇腹が枯れて針金みたいになったコスモス叢にこすってキーキー(涙)

 たった一本の杉の巨樹しかないというのに……そしてこの鮭川村は他にほとんど観光する場所も無いのに、訪れる人はかなり多いらしく、10台ほど停められるちゃんとした駐車場、水洗公衆トイレ、パンフレットにポストカードも準備されていました。
 実際、この訪問時にも5、6組もの人たちが入れ替わり立ち替わり訪れていました。

 他の巨樹ではおよそ考えられない人気ぶりです。
 神社や他の観光地の力を借りず、巨樹単独でここまで人を招いているというケースは、他にあっただろうか……と考えてみると、思い浮かぶのは最低でも国天クラスですが、いや、大抵の国天よりもよほど集客している。
 誤解を恐れず言えば、人気だけなら特天クラスだと言えるでしょう。

 駐車場から坂道を下っていくと、やがて大杉が見えてきます。
 ですが、この時点では、ジブリのジの字もない。
 かなりこんもりと樹勢の良い杉であることはわかりますが、トトロに見えるのは、樹の裏側からの角度になります。

 

 で、トップにも載せましたこの図となるわけです。ああー、なるほどね。
 言わんとしていることはわかります。
 杉であるのに、こんなにこんもりとまん丸いシルエットになるのは珍しい。
 二本の耳状に綺麗に立ち上がっているのもよく出来ているなあと思いますが、ともかくは大きな欠損が全くなく、こうした綺麗な樹冠を構成しているという、それだけでも貴重だと言えると思います。

 逆に言えば、これが杉の巨樹であるということに一歩踏み込まない限りは、ただ「トトロの木」だというだけで、スマホで写真1枚撮っておしまいです。
 あとは「これ知ってる?」「見て見て、いいでしょ」「良かったらいいねとかリツイートして」とかいう材料にする。
 いえいえ、それでものの5分でお帰りになられるのは自由です。
 しかし、巨樹愛好家として強調しておきたいのは、「小杉の大杉」は、別にトトロでなくても見る価値のある巨樹であるということです。
 まあ、ただただトトロの形だけだというだけだったら、自分は訪ねたかどうかわかりません。

 巨樹の前に立ったなら、やはり幹を見なければ。
 この樹の場合、あまりにもガワの印象が強すぎ、また、葉の茂りがすごく濃く、下の方まで包み込むようにあるがゆえ、トトロの図を撮って帰ってしまう方が大半です。
 が、絡み合うような枝に潜り込んで見てみると、そこには意外なほどの巨樹としての本性が見えてきます。

 実際、書籍なりマップなりにはトトロの写真しか使われない。
 そのため、このトトロを構成する幹の状態がどんなものなのか? が謎だったのです。
 あの二本の耳からして、もしかしたら二本の直立する杉が立っていて、うまいぐあいに枝張りが合体しているのではないか……などとベターに予想したくもなりますが、そうではなく、幹は一本なのです。
 そして、まっすぐなどではない。地面すれすれからいきなり太い枝を分岐させる裏杉の特徴を見せつけます。

 一番状況が把握できる位置で捉える「小杉の大杉」、いや、あえて言えば、「トトロの中身」がこちらです。
 なんという裏杉むき出しの姿! 
 いや、トトロなんざハリボテにすぎません、とか言うつもりもなく(言ってる)、この獰猛なまでの生育力には嬉しくなってしまいました。
 はるばる撮りにきて良かったと思わせてくれるインパクトは、ここにこそあります。

 縦構図でも。
 立地ゆえ全体が撮れないということはよくありますが、この巨樹の場合、懐に潜り込まないと幹が全く見えないので、幹を入れた全体像が存在しないという、変わったケースです。
 無数の枝はまさしく放射状に立ち上がり、あの丸い、トトロめいたシルエットを内側から作り出しています。実に豊かな茂り。

 解説板には推定樹齢1000年とありますが、この茂りが1000年も生きた老杉に作れるでしょうか?
 化物めいた生命力を誇る裏杉(天然杉)に常識が当てはまらないことも知っていますが、もっと若いのではないかと推測します。
 3、400年が適当ではないかと、まあ根拠はないんですが、それ言ったら1000年も根拠がなさそうですよね。

 上記のような状態なので、写真撮影にはなかなか苦労します。
 実際、トトロを撮るのが一番楽。
 木道の上にしゃがんだり、三脚をスパイダーさせたり、なんだか盗撮まがいのことをしてるみたいな気分になってきます。

 と、頑張っていると、思わぬ敵が出現してしまいました。
 トトロのナカミを盗撮してる! なんたる卑劣漢! とジブリ警察に通報された……わけではなく(中を撮る時には他に誰もいなくなっていた)、どうやら樹冠にアシナガバチの巣があるらしく、怪しい挙動の奴とマークされてしまったようです。
 粘って一通り撮らせてもらったので、退却することにしました。

 解説文。書かれていませんが、村指定天然記念物。
 「曲川の大杉」が本来の名称のようですが、集落名をとったとおぼしき「小杉の大杉」という名も、大きい小さいどっちなんだよ!笑 的に面白い。

 推定樹齢が何年と書かれていたのか気になりますが……もともとあまり当てにはならないので。笑
 それよりも、あの荒々しく旺盛な繁茂を見てしまうと、幹周囲が6.3メートルと小さいのが意外でなりません。

 つまり、数値だけでリストアップされた場合、見向きもされなかった可能性があります(こういうところが「小杉の大杉」?)。
 偶然にもトトロに似たことによって、あるいはジブリがトトロをああいう造形にしたおかげで、この樹は注目を浴び、村に人の足を呼び、保護心にもつながっているのでしょう。

 「今時のうまいやりかたは、こういうのだぜ?」
 ……巨樹はそんなこと言いはしませんが、面白い巨樹だなと思いました。
 いや、したたかで、どんな手段でも使って生き延びる裏杉が喋れたら、それくらいは言うかも?

「小杉の大杉(曲川の大杉)」
 山形県最上郡鮭川村大字曲川
 推定樹齢:1000年
 樹種:スギ
 樹高:20メートル
 幹周:6.3メートル

 村指定天然記念物

 訪問:2019.10

 探訪メモ:
 入り口の道がすれ違えない細さである以外は長閑な風景が続き、悪路はありません。
 長閑すぎるほどなので、居眠り運転には注意。
 また、最上の冬は相当なものでしょう。できれば秋までのうちに訪ねたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です