巨樹たち

徳島県阿波市「野神の大センダン」

日本第1位の大センダン

 2019年5月、四国での巨樹探訪旅。
 2020年は最も良い季節をコロナウィルスに取られてしまいましたが、自粛の最中、何度も去年の遠征のことを思い出していました。

 巨樹と写真の同志であるto-fuさんRYO-JIさんと合流し、徳島〜高知を訪ね歩こうという旅ですが、彼らと合流する前の半日は単独で行動しました。

 街中から近く、上陸後の残り時間でも訪問が容易い。
 しかも国指定天然記念物という評価を得ている巨樹だそうです。
 しかし、それ以上にセンダン(栴檀)というまだ見ぬ樹種に興味を惹かれました。
 「野神の大センダン」です。

 知名度ある樹なので、GoogleMapにもしっかり載っています(詳しくは下部を)。
 センダンで国指定の天然記念物になっているのは、この樹と香川県の「琴平町の大センダン」だけだそうなので、それも頷けます。
 ちょうどルート上にこの樹の記載を見つけ、これは行ってみるしかない! と、それだけで決めており、どんな巨樹なのか、ほとんど調べませんでした。

 小学校の裏手、幼稚園との間に生育している。
 近くに公民館があるのを見つけ、車を置かせていただくことにしました。
 探しましたが、どなたもいらっしゃいませんで……しかし、国の文化財を見学に行くのに協力してくれない公民館なんてないし(断言)、これまでも公民館の人たちはみんな良い人ばかりだったのです。

 小学校の横の道を進んでいくと、奥に大きな樹があることにすぐに気づきます。
 間違いない……とさらに進むわけですが、ちょっと意外なことに、何か白いモコモコがついています。
 なんだあれ……花か? センダンって、あんな風に花が咲くんだ!
 と、いい時期に来られたことに喜んで、思わず駆け寄ってしまいました。

 ここまで近づくと、ほのかに甘い香りが風に乗って漂ってきます。
 品があって、とてもいい匂いです。

 これがセンダンの花。そして、葉はこのような感じです。
 緑が鮮やかで、全体的にフレッシュな感じを抱かせます。
 実もなりますが、サポニンが多いため、人が食べると中毒を起こす。
 サポニンといえばサイカチの豆の鞘に多く、天然の石鹸になる成分でもありますね。

 センダンの実や葉には薬効があることも知られており、最近ではインフルエンザに有効な成分も見つかったそうですよ。

 花や葉から入るという、珍しいパターンでしたが、「野神の大センダン」はこのようなスタイルの巨樹でした。
 太い……幹周としては8メートル弱あるそうで、確かにかなりの大きさを感じます。
 しかし、もはや大枝は左右に2本しか残されていない。
 枝や葉もめっきり少なくなってしまった、もう後が無いという感じです。

 永く生きる樹には様々な苦難がふりかかり、幹が損傷したかと思えば、根元の土が流れたり……そうしていくうちに、死んだ細胞を中心に抱え続ける樹木は、空洞化してしまう。

 残された大枝。
 この太さもかなりのものです。きっと健康だった頃には広い樹冠を支えていたのではないでしょうか。
 しかし今や、樹皮が剥がれ落ちはじめており、補強やウレタン系の充填なしではたちまち失われてしまいそうです……。

 反対側にも、たいそう大きな枝が付いていた痕があります。
 広い面積を覆う、傘のような樹形だったのではないでしょうか。
 上背が高かったように思えないところ……早い段階で落雷か強風で幹折れを経験してしまったのでしょうか。
 とにかく、失われたものが多すぎる樹で、想像で補うのもなかなか難しいところがありました。

 反対側から。
 そうとは言え、人間の施す「医術」にも相当な効き目があると見え、徐々に崩壊しながらも新しい枝をつけていることがわかります。
 このタイミングで来ることができてよかったと思います。
 この姿……この巨樹が握る生命力が最大限に発露された姿を見ることができたわけですから。

 裏手は、現在進行形で整備が進んでおり、公園のようなスペースが作られています。
 この樹を中心とした憩いのスペースのような構想でしょうか。
 道路側はどうにもできないでしょうが、自治体はこの樹のことを考えているんだなと感じました。
 (駐車場がないとかでグーグルのレビューで⭐︎1とかついていますが……汗
  ……いや、むしろレビューが低い方がそっとしておいてもらえて、樹にとってはいいかもしれませんね。)

 足元には昭和38年の石碑文がありました。
 この頃から根元は空洞だったと書かれていますが、「一見名盆栽の観を呈する」などとあり、まだ姿は美しさがあったのでしょう。その後、だんだんに樹勢が失われていった。
 剣山に登る修験者の目印の樹だったことも書かれていますね。

 珍しいセンダンの巨樹であり、国指定天然記念物なので、新設の解説もありました。
 センダンについては「栴檀は双葉より芳し」ということわざから、「優れたものは幼少時から優れている」ということで、小学校などに植えられることがあるそうです。

 

 しかしこの場合の「栴檀」は中国でいう香木の「白檀」のことで、この巨樹の樹種・センダンとは別種のものです。

 センダンをビャクダンと混同する、さらにはビャクダンとビャクシンを混同し、こんどはセンダンとビャクシンが間違われる……なども実際ある事例らしく、ややこしいです。
 こうして実際にセンダンという樹種を花まで見ることができて、すごくいい経験を得られました。

 この後、徳島をいろんな方向に走り回りましたが、行く先々でセンダンの花を見かけ、わりと自生しているものなんだな……と、見るたびこの巨樹を思いました。

 ここからの劇的な回復は見込めないかもしれませんが、また何度も、このいい匂いの花を咲かせてほしいものです。

「野神の大センダン」
 徳島県阿波市阿波町野神
 推定樹齢:300年
 樹種:センダン
 樹高:11メートル
 幹周:7.85メートル

 国指定天然記念物

 訪問:2019.5

 探訪メモ: 
 街中であり、特定の駐車場はありません。
 小学校、幼稚園があるので、すぐそばまで車で近寄るには危険かも。
 上記のように公民館に停めさせてもらいましたが、できれば一言お断りを。

 環境省巨樹データベースで樹種「センダン」、「幹周大順」を検索すると、この樹がトップにきます。
 そこでの幹周囲寸法は810センチ。
 他が600センチ台なこともあり、現状で「日本最大のセンダン」ということになるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です