巨樹たち

福島県田村郡「三春滝桜」

圧巻! 日本一の巨桜

 巨樹界のカリスマ的存在。
 日本を象徴する桜において、「日本三大桜」がまさにそれです。
 「山高神代桜」、「根尾谷薄墨桜」、そして「三春滝桜」

 できれば1対1で向き合うようにして時間をかけて静かに向き合いたいものですが、桜においてはそれが通用しません。
 この樹ならではの事情に悩んだりもしましたが、結果から言えば、思い切って突撃して良かったです。
 いや、これは、死ぬまでに1度は見ておきたい!
 「三春滝桜」は、そう言い切れる素晴らしい桜の巨樹でした。

 (編注:2017年、2018年の訪問をメインにお届けします。)

<2017年訪問>

 この樹、「三春滝桜」ならではの苦悩……。
 それは、この桜の凄さの裏返しとも言えるでしょう。

 例えばこの駐車場……テーマパークや大型アウトレットモールとかじゃないですよ。
 これがみんな一本の桜の樹を見に来た車の群れだという事実……信じられますか。
 当然、駐車場に入るまでは渋滞し、30分以上、のろのろと走らねばなりませんでした。

 桜を保護管理する資金にも使われる観覧料300円を支払い、チケットをもらいます。
 向かう道中にもゲートとスタッフさんが。おそるべし。

 その先にも、茶屋はあるわ、屋台村はできているわ、無数の仮設トイレが用意されてるわで、お祭り状態。
 「格が違う」と呼ぶにも違いすぎる、一体どんなすごい桜なんだろうと、期待はどんどん膨らみ……そして……

 目の前に実物が現れた瞬間、思わず声をあげてしまいました。
 たしかにこれは物凄い! これが1本の桜の樹とは。感嘆しかありません。

 この圧倒的すぎるスケール感!
 例えばこれが別種の巨樹であるとしても十分すぎるほどに巨大でありつつ(地上1.3メートルでの幹周9.5メートル)、それがよりによって壮麗な枝垂れ桜であるという……。
 そしてその樹が、春を祝うかのように今目の前で満開に咲き誇っている、この現実。
 こんな巨樹が実在するんだ……と、しばし呆然としてしまうかのような眺めです。

 斜面に立っているため、傍にある階段を登っていくと、上の方からも桜を眺めることができます。
 が、どこから見ても隙がない。あらゆる方向に枝を張り巡らせ、まさしく滝のように花を咲かせています。

 周囲の遊歩道を歩くと、花に手が届きそうなほどに近寄ることができます。
 そこまで近づけば、目の前や頭上がほぼ桜の洪水で埋め尽くされる。
 溺れそうなくらいの密度で、桜がのしかかってくる……そんな圧倒感。

 なんでも、幕藩時代には、藩主の大のお気に入りの御用木であり、この桜の枝の下は年貢は免除、毎日早馬を走らせて開花状況を調べさせ、満開時には自ら一行を率いてお花見に赴いたとか。
 実はこれでも、05年の大雪で枝が十数本折れてしまう被害に遭ったのだそうですが、さすがに皆に愛されているだけあり、樹勢に衰えは見えません。

<2018年訪問>

 2018年は、桜前線の通過スピードがだいぶ早い年でした。
 前年の撮影日から見当をつけましたが、やはりも2週間程度早い感じでした。
 昨年よりも滝桜渋滞は長かったようで、大駐車場もほぼ一杯。
 しかし、しばらく待てば楽しく見られることを知っているので、のんびり並んでいました。

 どこから見てもすごいので、撮影にまったく工夫は要りません。
 実際、この1本を見ただけで大満足してしまう。
 周囲の名付きの桜を回りたい思いもありましたが、桜を観るという心が完全に充足してしまいました。
 逆に、三春まで来て滝桜を訪ねないのはおかしい。
 このままでは永遠に他の桜を回れなくなってしまう!(苦笑)

 晴天でしたが、三春町の気温はまだ8℃。
 しかし、「梅・桃・桜が同時に咲く」から「三春」となったという通り、春の到来を感じた花々が一気に咲き誇り、喜びを全開にしているかのようでした。

 三春への北上は、まるで季節が巻き戻るかのよう。
 関東への復路は、季節がまたどんどん進んでいきました。

<2019年訪問>

 休み不自由ゆえ、2019年はちょっと残念なタイミングで三春を訪ねることに(それでも予定調整をした)。
 読みを効かせ、寸前まで開花予想を見て……ところが、想定外の雪! 

 いつもなら大渋滞のチマタと化す道も、半分くらい。
 1……多めに見ても2分咲きくらいしょうか。残念!
 それでも、日当たりがいい場所にあるせいか、他の大桜たちよりも幾分早いように見えます。

 当日はものすごく天気が良く、気温も20℃近くまで上昇、ここから急速に春が進行する気配。
 じっと見てたら目の前で次々桜が咲くんじゃないかと、無理な期待をしてしまうくらいに。
 炸裂寸前の花火大会(花火じゃなくて花火大会)を見ているかのようで、すごくそわそわしてきます。

 解説文。
 エドヒガンの中のベニシダレという品種とのことです。
 国の天然記念物に指定された桜第一号だそうです。
 「滝桜の娘」こと「地蔵桜」をはじめ、後年の調査により滝桜周辺半径10キロ以内に400本以上の子孫樹が確認されている。
 オフィシャルで滝桜を増やして販売する農家もあり、世界中に子孫が伝播しています。
 それどころか、08年には種子が人工衛星に乗って宇宙にも行ったそうです(宇宙桜)。

 個人的に、これを上回る壮大な桜というものが想像できません。
 「日本一の桜」と呼んだところで、何ら問題は生じないはず。
 「日本一の桜」であるなら、すなわち「世界一の桜」とは言えないか……そして、それならこれは「宇宙一の桜」と言えるのではないか?
 ……そこまで飛躍しても何ら不思議はない。改めて、とてつもない桜です。

 2020年。
 春のお花見で拡大した新型コロナウィルス感染により、三春滝桜周辺も入場を規制されたようです。
 自分としても、当然訪問を自粛しました。
 人混みがない中で見られたらラッキー! とは、とても言えない状況でした。

 来春以降、この天下一の桜を不安なく楽しめる春が来ることを心から願っています。

「三春滝桜」
福島県田村郡三春町大字滝字桜久保
推定樹齢:1000年
樹種:エドヒガン
樹高:19メートル
幹周:9.5メートル

国指定天然記念物
「新日本名木100選」
日本さくら名所100選

訪問:2017.4.23、2018.4.8、2019.4.14

 探訪メモ:
 日本国きっての名所ゆえ、満開時は長大な大渋滞を避けられません。高速道路上に警戒を示す看板が出るほど。
 詰まってきたら気長に並びましょう。
 トイレ事情は特に用心を。
 食事どころも限られますし、渋滞中に車内ランチがおすすめです。

これはひみつの情報ですが……「滝桜ライブカメラ」を参照すれば、満開時を逃すことはありません。
事前にじりじりとチェックしましょう!

こんなの一緒に回るには無理がある! とも言えますが、三春町界隈には見逃せない名桜がたくさんあります。
ぜひチェックを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です